2011年09月07日

フジロック2011・初日前半に聴いたバンド 続き + シャーベッツ(浅井健一)

2011年夏のフジロック1日目のレポートの続きです。
写真など。

毛皮のマリーズ、解散するらしいですね。
フジロックでのステージが面白かったし、女性ベーシストはカッコよかったし、もう少し長くやってほしかった気がしています。

kegawano-maries2.JPG












所詮モニターの写真なので、アップしてもよいのではと勝手に思っています。
厳密にはダメでしょうが…


IMG_0674.JPG










The Middle East のほうはモニター写真ではありませんが、何となく怒られずに済むような気がしています。(甘いかな)
メンバーの名前が未だに覚えられないでいます。とりあえず、ステージの雰囲気だけでも伝えたいのでアップします。

IMG_0681-2.JPG












IMG_0690-2.JPG











写真が多い割にメンバーの情報が何一つないというのはあんまりかも…
しかし自分もフジロックのバンド紹介やCDのライナーしか読んでいません。
日本語の詳細情報が見つかれば後でリンクしておきます。

残るミドルイーストの写真は「続きを読む」に入れておきます。キーボードの女性が素敵です。

ソウルフラワーユニオンとシャーベッツは目の前で見たので写真はありません。

シャーベッツは、ブランキー・ジェット・シティーのファンなので、ベンジー狙いで聴きに行きました。相変わらず彼はカッコよかったですが、演奏内容としては去年レッドマーキーで見たポンティアックスのほうが個人的に好きです。
でも、自分が持っているファーストアルバムの曲もやってくれたし、熱心なファンの表情もよかったし、いい雰囲気のなかで彼の歌を聴けました。キーボードの女性の声も素晴らしかったです。歌詞の隅々までゆっくり聴ける歌が多かったです。

自分は出遅れてブランキー・ジェット・シティーを聴いたので、未だにベンジーという呼び名がしっくり来ません。浅井健一という名前のほうが馴染みます。
シャーベッツのファンというほどこのバンドを聴いてはないし、彼の歌詞が一番好きなのはBJCの初期あたりです。
それでも、歌とギターの一体感が素晴らしいミュージシャンで、常に自分の現在形のスタイルを提示しようとする姿が好きだから、フジロックで彼のステージは見逃せません。

続きを読む
posted by ring-rie at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | live stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

フジロック2011・初日前半に聴いたバンド

長らくブログを放置していましたが、やっと更新。

何から近況書けばいいか分からないぐらい、間が開いてしまいました。
懸案のパソコン買い替えもやっとできて、今度こそ時間の有効活用するぞ!! と思ってたけれど、ツイッターその他よそ見ばかりする癖が治りません。
でも、やっぱり、ブログやHPに文章書いていない日々が長く続くのは、過去にやろうとしていたことを放り出してるわけで、どこかで元に戻さなくはと思っていました。
時間がかかり過ぎてしまいましたが…もう8月も終わりに近づいて、やっとこの記事を書いています。

さてさて、7月末にフジロックに行けたことで、何かしら達成感はありました。自分は「フジ、最高〜♪」と叫ぶタイプではないけど、やっぱりいい会場です。それなりのお金使うだけの価値はあります。雨やぬかるみとのバトルにゲンナリする人も、結局は、ここでしか体験できないものがあるという定番的感想とともに、ここから帰って行くのではないかな、と思います。

初日、近くのホテルから会場に急ぐも、人がいっぱいで進まず、やや焦りながらホワイトステージに向かい、最初に見たのは毛皮のマリーズ。お約束通りの面白いステージ! GS世代なので、あの歌い方にバカ受けです。
続けてソウル・フラワー・ユニオンを友人二人と楽しみましたが、自分はオレンジコートのThe Middle Eastを聴きたくて、途中でお別れしました。

道を間違えてしまい、出遅れましたが、このオーストラリアのバンドを聴けて大満足です。CDではヴォーカルの一人の声がトム・ヨークに近いと思ったのですが、実際はそれほど似ていませんでした。地味ながら充実したステージ。オリジナルだけと思ったら、終わりのほうで「I Shall Be Released」も歌いました。これもよかったです。
こうして、この日の前半がほぼ終了しました。

とりあえず、The Middle EastのPVを貼っておきます。



(写真など、追加できたら貼ります。)
タグ:The Middle East
posted by ring-rie at 01:15| Comment(4) | TrackBack(0) | rock musicあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

ベストキッド(2010年公開)

 ベストキッドのDVDを見ました。
 以前リンクしているタルさんの感想を読んで、見たいと思っていた作品です。
 以下ネタバレありますので、作品の詳細を知りたくない方はご注意ください。



 楽しい映画でした。リメークということですが、オリジナルは見ていません。主人公ドレを演じたジェイデン・スミスが可愛いので、映画について細かいこと言うのはやめようかと思いましたが、2時間以上の映画を見ると、やはりあれこれ言いたくなってしまいました。

 主人公の黒人の男の子が母の転勤のため、アメリカから中国にやってきて、新生活に溶け込みたくても、厄介な問題が起きていました。カラテの得意な中国人の男の子に集中攻撃を受けることになってしまったのです…
 前半部分は、じつに丁寧に、観客目線に徹した描写をしていました。ドレはどうして自分の悩みを母親に打ち明けられないのか、説明過多になることなく、すんなり理解できます。ドレの母親がデトロイトから中国に転勤することになったこと、仲良くなる中国人の女の子が、いかにも富裕層の出身らしく、バイオリニスト目指していることなど、成長著しい中国とそこに暮らさざるを得なくなったアメリカの黒人という設定にはかなりリアリティーがあります。そんな土台をきちんと描いているから、その後の夢のような話に熱中できるかもしれません。

 典型的な娯楽映画らしいプロット、著名人の息子の子役の起用などの条件では、下手をすればどうにもならない凡作が生まれることも多いのに、この映画はそうなりませんでした。子役のジェイデン君の演技力が最大限に引き出され、ジャッキー・チェンが風采の上がらないおじさんになりきり、全体にきめ細かな描写を心がけ、見ごたえのある作品に仕上がっています。

 ただし、この映画に批判的な人もいるようです。中国人の〈いじめっ子〉の攻撃があまりに執拗であったからかもしれません。日本人は、黒人の子が中国の学校でいじめにあう話にそれほど抵抗はなくても、アメリカや中国では受け入れがたいと思う人がいたようです。確かにあまりに生々しいシーンがありました。
 もちろんこの映画は中国人批判を意図したつもりはなかったはずですが、アメリカ人目線の映画であることは確かです。その上主人公の子どもが黒人なので、複雑な感情を呼び起こすことになります。この映画の設定そのものが、カラテが強くなりたいという単純な思いだけで済まされない要素を盛り込み過ぎているのかもしれません。

 しかしこの映画を見ている間は、とくにそんなことも考えず、いかにも今の中国でやっていそうなカラテ大会のシーンまで楽しく見て過ごしました。でもこの大会より、それまでの地味なシーンのほうが気に入っています。

(後日校正します・岡崎)
posted by ring-rie at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

写真の整理が進まない〜川嶋さんの写真も。

写真の整理ができていないです。何がなんだか〜って状態。
そして、2009年の写真を眺めているうちに、うす暗くなり始めたライヴ会場でサックスを箱に片付けている川嶋さんの写真を見つけました。
これは主催者の白石さんに送ったものですが、ブログに使ってはいなかったような。
吉見さんとのデュオのときのものです。
いつもシャッター押すの遅くて迷惑かけてばかりなんですが、何度も写真撮らせて頂いています。
川嶋さんのおもいきりカッコいい写真は、公式HPでご覧頂くとして、私のは、ピンボケで、私個人が妙に気に入っているだけなんで…でもまあ、見てやってください。

kawashimasansp.JPG


ところで、昨年発表の川嶋哲郎カルテットの「デイズ・オブ・バード」はやっぱり最高と思います。
バードトリビュートと称するCDを買ってがっかりすることって多いのですが、このCDは全曲素晴らしいです。一時期毎日聴きました。前も書いたかもしれませんが、これ聴くと、なぜかソニー・ロリンズ聴きたい症候群に陥るんです。(C.パーカーでなく)理由を知りたい方はぜひCD聴いてみてください!もちろん素人意見ですけど。このカルテットもぜひ聴いてみたいな、ライヴで。

(お願い:まさかこのページの川嶋さんの写真の転載を希望される方はおられないかと思いますが、その場合はお知らせくださいませ)
タグ:川嶋哲郎
posted by ring-rie at 02:09| Comment(4) | TrackBack(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

久々に聴くジョン・スコ。BLUE MATTER/ John Scofield

自分はジョン・スコフィールドのファンといえばファンなんだけど、好きなアルバムにどれだけ会えたかを考えると、歯切れよく語ることができない。

最近見つけたMMW(メデスキー・マーティン、ウッド)とジョン・スコフィールドのライヴがなかなか良かったし、ツイッターで彼の話題が出たのもあり、家にあるジョン・スコフィールドのCDを聴き直してみた。

比較的新しいアルバム(といっても2000年)であり、ブラッド・メルドー、ケニー・ギャレット、クリスチャン・マクブライド、ビリー・ヒギンスという豪華メンバーが参加する「Works For Me」については、正直あんまり言葉が出てこない。メンバー個々のプレイは超一流であって、部分部分ではさすがに圧倒されるけれど、曇天を見上げてたまに差し込む陽光にしばし歓喜する程度の楽しさなので、感想は以上でおしまい。

しかし、前から持っていて何度も聴いたわりに、良さが分からないと思っていた「BLUE MATTER」は面白かった。しかしジョン・スコフィールドの面白さを再発見するというより、他のデニス・チェンバース、ゲイリー・グレインジャー、ミッチェル・フォアマンのドラム、ベース、キーボードがこれほど充実していたのに自分が気づいてなかったのに唖然としてしまった。おそらく、自分はジョン・スコのギターを聴きたいという思いばかり強くて、このアルバムのほかの要素に関心が薄かったのだろう。

johnscofieldbluematter2.jpg
十数年前、あまりジャズもフュージョンも聴かなくなった時期に偶然聴いた「ROUGH HOUSE」をあまりに気に入ってしまい、それと同様のプレイを聴きたいという考えで「BLUE MATTER」を聴いた結果だと思う。自分ではかなりの回数聴いた記憶があるが、当時は違和感の方が大きかった。

1曲めのやや重苦しい始まり方に、ジョン・スコって曇天愛好家なのかと思ってしまうが、彼らしい曲だ。ただ、この路線で行くのかと思ったらファンキーなスラップベースが空気を変える。そしてこの曲調の中でギターが駆け巡るのかと思ったら、ゆったりと散歩のスピードのまま思索に耽るような演奏だ。ここはガツンと行ってください、頼みますよと思ううちに終わり、2曲目でやっとギターのスピードは速まる。だが彼のソロに続くフォアマンのキーボードを聴くとはるかにノリがよく、魅力的だ。ジョン・スコらしいプレイであるが、どこかミスマッチ感がある…

などと書くと自分は全くこのアルバムを気に入らないように思っているみたいだが、そうではない。もしこのメンバーと曲でギタリストをノリの良さが売りのプレイヤーに変えたら、それはかつて山ほど登場したフュージョンアルバムを聴くのと大差なくなってしまうだろう。4曲目のスラップベースはじける作品などは特にそれに近い。

よく分からないのだが、彼は80年代前半あたりまでの超絶技巧フュージョン大会へのアンチテーゼみたいなことをやりたかったのだろうか。痒いところに手が届かないような歯切れの悪さが消え、いつのまにか彼らしい音の遅らせ方に聴き入る5曲めあたりで、そんなことを考え始め、ミスマッチ感が消えていく。というか、この曲のようにロックの基本に回帰するような作品ではベースとドラムとの一体感が素晴らしい。その流れが6曲目に続く。

この良さが分かるのに15年ぐらいかかってしまった。
それにしても、デニス・チェンバースは有名だけど、ゲイリー・グレインジャーのベースがこんなに凄いって知らなかった。

興味深い感想がここにありました。↓
http://www.asahi-net.or.jp/~me9a-ngmt/johnscofieldbluematter.html
続くアルバム「Loud JAZZ」の感想も筆が乗っておられました↓
http://www.asahi-net.or.jp/~me9a-ngmt/johnscofieldloudjazz.html

ジョンスコとMMWの2枚組は注文したのでもうすぐ届く予定です♪
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/msmw/disco.html

記事に修正と追加あれば、後で書き込みます。
タグ:John Scofield
posted by ring-rie at 16:11| Comment(4) | TrackBack(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

Mal Waldron "The Call" マル・ウォルドロンのエレピ

東北と関東の震災が3月11日に起きて以来、何をするでもなく不安ばかり募る日々です。
テレビを見て自分が胸を痛めても、それで何かが変るわけではないという無力感。いくらかの募金をしたところで根本的な問題が解決するわけでもないでしょう。しかし、無駄に落ち込む自分に何らかの歯止めをかけないとどうにもなりません。

4月からも語学学校に通うべきか悩みましたが、お金はかかるけど続けることにしました。今度こそマシな結果を出したいと思いながら何年続けているか分からないんですけどね。そこで得た知識をどう生かすかも見えてこないけど、続けられるうちは続けようと思っています。

さて、mixiのつぶやきに書いたのと同じですが、数日前にジャズCDを売るとても小さな、でもとっても充実したお店「ミムラ」に行ってきました。ここで見つけたMal Waldronのヨーロッパ録音のCDを買いました。1971年作品です。

malwoldronthecall.jpg












若杉実さんという人がライナー・ノートを書いていて、分かりやすく的を得た解説(私の印象ではありますが)が有難かったです。
私は全く知りませんでしたが、マル・ウォルドロンはドイツのプログレ系”エンブリオ”に参加したことがあったそうです。(このアルバムに参加しているオルガンのジミー・ジャクソンも在籍していたとのこと)そのあたりの知識はないのですが、聴き始めて数秒後には、このアルバムはジャズというよりジャズロック、プログレのアルバムだと思ったので、ライナーノートの説明には「なるほど」と頷かずにはいられませんでした。

ツイッターでフォローしている井上和洋さんも紹介されています。
http://kz16-i.mo-blog.jp/infinite_sounds/2009/03/mal_waldron_the.html

オルガニストに詳しくないので、オルガンの音でまず思い出したのはドアーズのレイ・マンザレクでした。よく知らない者の意見ではありますが、ドアーズ曲の「The End」がまるでメディテーションのための音楽のようであるように、このアルバムはリスナーを生々しすぎる現実からいったん解き放してくれる気がしました。

マル・ウォルドロンの演奏はよくモールス信号みたいだという言われます。面白いし、うまい表現かもしれませんが、デリカシーは飛んでしまうことは忘れてほしくありません。
彼の代表作は「レフト・アローン」だ言われます。ジャズ名盤解説本にはマストアルバムのように書かれていますが、これでは彼の活動全体が見えなくなる気がします。リーダー作ではないけどドルフィー、ブッカー・リトルのアルバム("Live At The Five Spot"の数枚)での演奏は、とてつもなくカッコいいです。ピアニストの評価はリーダー作だけでするものではないと思います。

ヨーロッパでの彼の活動については詳しくありませんが、彼のenjaレーベルでのアルバムのCDを最近ネットで見つけたので注文しようと思っています。ずっとCDが手に入らなかったので諦めてました。スティーヴ・レイシー参加で、全体に聴きやすくはないけど、いかにもenjaらしい気概が感じられました。
http://7beatrecords.com/SHOP/LPJ0315.html
http://www.amazon.com/One-Upmanship-Mal-Waldron/dp/B00000JIKQ
タグ:Mal Waldron
posted by ring-rie at 13:49| Comment(2) | TrackBack(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

スロヴァキアのblue sundownというバンドはブリティッシュ・フォーク風というか、ブリットポップ風というか。

久々の更新です。
ツイッターに休暇届みたいなのを書き込んだ後、日々の雑事を片付けるはずが、雑念から逃れられず、またぼんやりしてしまいました。

パソコン買い換えるぞと言ってからたぶん1年は経っているでしょう。いろんなページの読み込みが遅く、本当に限界が来たなあという感じがします。ニコ動は動かず、マイスペースの読み込みは日が暮れるほど時間がかかります。

さて、東欧音楽紹介の続きです。
今回の blue sundown はジャズ要素ほとんどなく、CDを通して聴いた後、このバンドならフジロックで演奏して十分拍手喝采となることだろうと思いました。
しかし当然ながら日本での知名度はゼロでしょう。

これもPavel M.さんからの直送品。しかし、今回は、英文の紹介がけっこう見つかりましたから、そこそこ世界では流通しているのかもしれません。



美しいギターの音が響き、透明感があって、素朴で、この曲は雪原の足跡ををぼんやり眺めているときのBGMにぴったりかもしれません。
私はそれほどブリティッシュ・ロックもブリット・ポップも聴かないほうで(周囲に達人がたくさんいますので)、これをブリティッシュ風と断言してよいか分かりませんが、フォーク要素強めではなく、現在普通に世界に流通するメジャーな音楽の一角にあっても不思議はないと思います。

しかし、彼らが世界ツアーを行ったという話も見当たりませんし、リスナーは東欧とロシア周辺にしかいないのかもしれません。

こんなCDをタダでもらっているから、自分には熱心に新しい音楽を聴こうという姿勢が足りなくなるのかもしれません。自分にはこのバンドがグラミー賞ノミネート並、かどうかは分かりませんが、かなりの実力派に思えます。しかし残念ながらこれについて語り合う友は日本語圏にはいません。自分もスロヴァキアのパヴェルさんが送ってくれなければ彼らのことを検索することもなかったでしょう。

ただ、難点を言うなら、ロシアのFarlandersほど、癖になる魅力は足りないということがあります。せっかく東欧出身なんだから、coldplayのような英国産バンドと似た作風にならないよう、工夫したほうがよいのではないかと思います。
正直言って、この筋のバンドは現在相当競争厳しいように思いますので、世界レベルで売れるのは大変なことでしょう。

blue sundownの"dreamlovers"は2000年ごろの作品のようです。下の動画のほうが新しい作品なのだろうと思いますが、まだ詳しくは分かりませんので、説明は保留します。
とりあえず聴いてみて頂ければ嬉しいです。


posted by ring-rie at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 東欧音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

Tariska & Krajnak など― 新春に聴いた東欧のジャズ、ロック

明けましておめでとうございます。

新年はあっという間に4日目になってしまいました。毎年年末になるとお花のセールで気が重いのですが、昨年は例年以上の寒さに参ってしまいました。今日は明らかに体調が思わしくなく、家族とラーメンを食べに行くのもやめて家にいました。それでも、熱も出していないし、寝込んでもいませんから、またすぐに普通の生活に戻れそうです。遊びに来た息子たちも関東に帰りました。年末のお花のセールも特に問題なく無事終了したので、やれやれというところです。

年末にスロヴァキアからいろんなCDがまた届きました。
Pavelさんにお願いしていたJiri Stivin(フルート奏者)の「Alchymia Music」は十数年前の彼のアルバムの続編のような作品。これもターリヒ弦楽四重奏団(talich string quartet)とプラハ・ヴォーカル・カルテットが加わった重厚な作品でした。

このアルバムは以前ザビエル・レコード売っていたのですが、現在在庫切れだそうです。でも試聴はできるようです→http://www.x-rec.com/SHOP/SPE-296.html

また、Radovan Tariska&Ondrej Krajnak「Elements」サックスとピアノのデュオ・アルバムもしみじみとしたいい作品でした。
Pavelさんは彼らのコンサートを何回か企画したようです。
映像は薄暗くて不鮮明ですが、演奏はよく録音できていました。↓



こちらはカルテットです。最後が切れていますが、なかなかパワフルな演奏。ブルーノートがスロヴァキアにもあるのはびっくりでした。
これ以外にも彼らの演奏はいろいろ見つかります。彼らの演奏についてPavelさんは、ライヴのほうがCDよりもアヴァンギャルドな即興の比率が高いと書いていました。




さらに、ときどきエリック・クラプトンそっくりな演奏になる、ギタリストBenkő Zsoltの加わるPetra Börnerová band のライヴ盤も面白かったです。
こちらのリトル・ウィングはそっくり芸披露ではありませんが、全体的になかなか味わい深い演奏になっています。



同じくこのバンドの演奏で、スロヴァキアのブルースがこんなレベルなのかと驚く1曲↓


他にもいろいろあるのですが、とりあえず3枚だけ紹介しておきます。
スロヴァキア語の氏名の表記がばらばらになっていることをお詫びしておきます。
チェコ語とスロヴァキア語はどう違うのかよく分かりません。私はPavel M.さんと知り合いになって初めてチェコスロヴァキアが二つに分かれたことを知りました。一緒の国だったほうが便利なことも多かったようです。
Pavel M.さんはハンガリー寄りの町(Sahy)にお住まいで、よくブダペストに買い物に行くと行っていましたし、息子さんの一人がブダペストで勉強中のようです。隣の国のポーランドのミュージシャンとも交流があり、よく彼の企画のライヴに招いています。
過去の歴史ではいろんなことがあったと思うのですが、文化面での交流は自然に行われているようですね。
Jiri Stivinの読み方について
posted by ring-rie at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 東欧音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

年賀状はできたけど

年の瀬、みんな掃除や買い物に追われている時期に、どうしても落書きの続きを書きたくなりました。
年賀状はできたけど、近況を書き込む気になりません。
我が家の今年一番の話題と言えば、息子が結婚したことですが、もうその話はエエかな〜と思ってしまうわけです。
それでもやっぱり、近況報告など、何か一言書いて送らなくては…と思うと、ついつい面倒だな〜と思ってしまう。で、毎年、ぎりぎりになって、勢いだけで書いてしまいます。
いつも皆さま申し訳ありません…

自分の日々の関心事といえば、フランク・ザッパのCDを何から買うか、とか、最近聴いたサンタナのカバー集、ホール&オーツの来日、友人のバンドのライヴ予定、などなど、そんなことばかりです。そういう話題を年賀状に書ける友人もいるけど、半数以上はそういうことに興味のない人たちですから、気持ちを切り替えて書かないといけません。
明日こそ頑張ろう〜(と今は思っています)

さて、やるべきことをせずに、年賀状の途中でできたおかしな絵をつないで落書きに夢中になってしまいました。
明日は花屋のセールを頑張らなくてはいけませんので、お遊びは本日で終了。
絵のタイトルは、何でしょうね、「化石洗面器」でしょうか。

年内もう一度ブログを更新したいと思いますが、念のために早めに年末のご挨拶を。
まばらな更新になりましたが、岡崎凛のブログ、来年もよろしくお願い致します。
(2011年1月4日 背景色など変えました)

yunomi-sakana.jpg
posted by ring-rie at 00:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記(らくがき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

近況(特記事項なし)と友人リンクの追加

material080723-12-1.jpg

それほど元気はありませんが、そこそこ元気です。風邪はひきますが、寝込むことはありません。
今夜は鯛の塩焼きならぬ、塩コショウ&オリーブオイル焼きなどなど、食べ過ぎました。明らかに昔より太ってきました(汗)

さてさて、応援するScopeの来年のライヴの準備は、ちょっとずつですが、進んでいます。語学学校授業にも何とか参加できています。一緒に学ぶ友人に比べれば明らかに努力が足りませんが、とりあえず、少し前に進んだ気はしています。

例によって音楽を聴くことだけには異常に執着していて、やるべきことも放置して、ついつい好きな音楽情報に夢中になる日々です。しかし一方で映画を見に行くことが全くできなくなっています。ツイッターで情報は山ほど入るのに、DVDもあまり見ていません。とにかく要領が悪すぎるんでしょうね。

そして、ニコライ・スターヴローギンさんのリンクを追加することになりました。
実際のハンドルは違うのですが、私が勝手にそう呼んでいます。

自分の勝手な思い入れと、新しくリンクするスターヴローギンさんとは何の関係もないのですが、彼が新ブログを始めたと聞いて、すぐにリンクをお願いしました。新ブログでの彼の名前はもう一つの名前なのですが、ブログ名は「stavroginの部屋」とさせて頂きます。
以下、自分のミーハーなニコライについての昔話に興味のある方はお読みください。続きを読む
posted by ring-rie at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする