2012年01月31日

テオ・アンゲロプロス監督を偲んで 再掲・「アレクサンダー大王」の感想

テオ・アンゲロプロス監督が亡くなった(2012年1月24日)と知って、身体じゅうの力が抜け、ネットに浮かぶニュースを探しては読み続けました。
「エレニの旅」を見た後にその感想を書きあげられないままに過ごし、映画の続編の公開を心待ちにしていました。まさかの事故死でした。

アンゲロプロス監督の映画は「エレニの旅」と「アレクサンダー大王」しか見ていません。おそらく彼の追悼企画として「旅芸人の記録」などの諸作品が映画館などで見れるのではないかと期待しています。

「エレニの旅」を見て、この監督の完璧主義的な映像に再び出会いました。水に囲まれた村。葬列のいかだと喪服の人々。説明不足のまま話は進み、理不尽な悲劇が訪れる。
相変わらず説明は極端に少なく、観客を迎える気持ちが感じられない映画ですが、画面構成の素晴らしさに見入り、残酷なほどの悲劇のシーンに涙がこぼれました。
もっと長い感想を書きたかったのですが、書けませんでした。

「アレクサンダー大王」の映画の予告編を探しましたが、見当たりませんでした。彼の映画の一部を載せるのは気が引けますが、全く彼の映画を知らない人には、徹底したロングショットと長回しカメラを知って頂きたいと思います。↓ (まさかのところで切れてるんですけど)



1999年頃に「断愚流通信」で書いた感想をここに再度載せたいと思います。書き直したくなりましたが、またチャンス逃しそうなのでそのままにします。
すでにお読みの方、どうぞご容赦ください。

「アレキサンダー大王」
1980年 ギリシア・イタリア・ドイツ合作
監督:テオ・アンゲロプロス
主演:オメロ・アントヌッティ、エヴァ・コタマニドゥ

 この映画が日本で封切られた頃、ギリシャの現代史を知らなければ理解できない映画だという話をよく耳にした。確かに政治・外交の歴史が深く関る映画である。だが、この国と英国の関係などについてかなりの予備知識があったとしても、この映画の不可解な部分を完全に解明することはできないだろう。映画が進行するにつれて謎は増えていくばかりだ。

 自立したコミューンとなっていた村の指導者が言う。行き場を失った英雄アレクサンダーとその部下たちは、だれかに「利用された」のだと。そのだれかが、彼らの脱獄を手引きしたのかも知れない。しかし、映画は謎解きに拘泥することはない。村人に囲まれた主人公アレクサンダーは忽然と消える。そして、新たな英雄となる可能性を予感させる村の少年が、ある町に入っていくところで映画は終わる。この少年の名も、アレクサンダーだ。

 観客は完璧な画面構成、撮影技術に圧倒される。圧巻はかの有名な360度のパン。映像は限りなく美しいが、ときに同じシーンが、ほとんど変化なく何分も続く。しかし彼の映画を楽しむには、多少は体力を消耗しつつ、持久戦で臨むしかない。

 ときに彼の映画は観客を拒絶しているかのようだ。観客はなけなしの知性を動員して彼の映画を理解しようとする。例えば、観光ガイドが話し始める、婚礼の日に殺されたアレクサンダーの妻は、彼の養母であったという説明。謎に満ちた人物に、どこかで聞いたようなエピソードが加えられる。ここでわれわれは陳腐な解釈を並べ立てたくなるだろう。だがどうやら、これが罠のようなのだ。この映画は、最初に登場するイギリス貴族たちへの軽侮という形で、脳天気な教養趣味への嫌悪感を提示している。こうして映画は、安易な解釈を拒絶しながら、一方次々と謎めいた出来事を提示しつつ映画は進行する。

 「行き場を失ったかつての英雄とその仲間の挫折の物語」という流があり、登場人物の心の動きは重要な意味を持つものの、その細部は語られない。あのロングショットでは俳優の顔や目の動きを見てとることはできない。しかし、登場するいくつかの小道具または衣装に、深い意味を読み取ることができる。アレクサンダーの深い悲しみを表す、結婚式の日に射殺された彼の花嫁の、胸に赤い染みのあるウェディングドレス。それが物語のクライマックスでの、悲しい事件にまた重なることになる。しかし、徹底して説明は少なく、観客が脚本を読み取るのは簡単とは言い難い。しかし、多少観客に不親切であれ、映画を撮る側の「文体」を崩さないことが優先される。説明は最低限にし、映像そのものに語らせることに徹している。

 この映画は、映画と向き合い、自分も参加する側に立たなければ、ただ眠いだけの映画になるだろう。確かに、あまり体調の悪い時には見ないほうがいいだろう。しかしこの映画を見れば、最高としか呼びようのない映像美と出会うことができる。骨身を削ってこの映画を作った人々の気概に触れることができる。この上ない糧として記憶にとどめるシーンに出会うことができる。監督をはじめ、この映画を世に送り出すために尽力した全ての人たちに拍手を送りたい。

posted by ring-rie at 17:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 展覧会・個展など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

第5回 Studio UV OB 写真展

明日24日水曜日は京都に行き、武内正樹氏のグループの写真を見てきます。

All That's UV 5 − 第5回 Studio UV OB 写真展
会期:2010.3.20-3.26
時間:午前 10:00~午後7:00(最終日5:00まで)
場所:ラボ京都・4階ギャラリー(京都市中京区烏丸通仏光寺西入ル)
  (阪急烏丸、地下鉄四条駅徒歩2〜3分)
   tel.075-353-4188


武内氏ブログ→http://empty86.blog23.fc2.com/

いつもは、同窓会に行くような気分で見に行きますが、今回はその3日後のライヴとのつながりを自分の目で確認しておきたいという気持ちがあります。

最近、昔仲間と出していた同人誌を引っ張り出してみたら、自分のしょうもないイラストの次のページに彼の写真がありました。トタン塀の写真でした。自分のつまらない絵は黒塗りしてみんなに見せようかと思いました(笑)

20代でのサークル活動の名残りが50代の自分の感性にそのまんま繋がるとは思っていませんでした。でも、懐かしい気分はしばらく封印して、今しかできないことを考えたいと思っています。
本当に全くのバカでしたが、何かを達成するときの集中力が半端なかった20代の自分に負けないようにしたい、などと考えております。体力がない分、根気で行くしかないですね。
タグ:武内正樹
posted by ring-rie at 05:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 展覧会・個展など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

エミリー・ウングワレー展・続き

osakaartmusium.jpg大阪・中之島の国立国際美術館のエミリー・ウングワレー展はあちこちのブログで取り上げられていますが、こちらにチラシ画像がありました↓
http://www.artis.net-in.to/default.asp?action=6&num=39349

なかなか展示されている絵の画像は多くないのですが、彼女の作品を扱っている外国のギャラリーを探してみました。6枚目の絵の画風が一番肌に合います。もちろんそれ以外の作品も好きです。

http://www.savah.com.au/emily.html

この展覧会と関連した催しではないですが、ダンスと音楽の即興パーフォーマンスの案内を持って帰りました。でも、残念なことに私はその日は仕事で行けません。
かなりアヴァンギャルドな路線の催しのようですが、あの美術館の空間にはなかなかぴったりではないかと思います。↓

3月23日(日) B2階展示場にて 午後3時から (約1時間)
 [コンテンポラリー・ダンスパフォーマンス <<即興デュオ>>]
 岡 登志子(ダンス)VS.内橋 和久(音楽)
 即興的に繰り広げられるダンスと音楽の競演。
 岡登志子と内橋和久の二人による、
 スリリングなデュオ・セッションをご期待ください。

http://www.nmao.go.jp/japanese/cinema.html

地下2階のこの美術館所蔵品からの抜粋の展示は、正直言って前から何度も見ているものが多く、さらに妙に重い絵画も多く、これだけ見るのは全くお薦めではないです。前見たのには分りやすい解説がついていてなかなかよかったのですが、今やっている企画はそれがありません。もっと初心者向けの説明を増やしてほしいです。

上記イベントに参加する内橋和久のギターはドラムの吉田達也とのデュオCDを買って聴きました。いろいろ考え方はあるでしょうが、こういう即興演奏は家で聴くよりライブの現場に行って聴くほうが集中しやすいです。

彼の活動範囲はすごく広いようですが、私の知っている内橋さんのギターはこんな感じです。まあ、基本的にマニアックな世界と言えるかも。↓



どうも私はマニアックな企画に弱いようです(苦笑)
でも、エミリー・ウングワレー展はそこそこ一般的ですよ。
テキスタイル・デザインなどに興味のある人は是非!
抜群の色彩バランスの絵も、モノクロも、どれもすばらしいです。
5月に東京でも開催されるようです。
posted by ring-rie at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会・個展など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

2月24日に雪景色の京都、滋賀のお寺、庭園に行きました。

自分はそれほど日本画や仏像、お寺に興味があるわけでもないのですが、たまに見に行くのは楽しいものです。
今回O市美術館関連のバスツアーに参加して、相国寺(開山堂、法堂、承天閣美術館)・白沙村荘[橋本関雪記念館](庭園、茶室など)・三井寺[園城寺](金堂、勧学院)を見てきました。
平均年齢はおそらく70歳ぐらいと思われる参加者の中、ワカモノ扱いされて複雑な気分でした(苦笑)
いろいろ面白いところはありましたが、とりあえず相国寺のことなど。

shoukokuji2008.jpg写真は相国寺の紅梅と開山堂から見た石庭です。雪が積もってなかなか風情がありましたが、おそろしく寒かったです。この開山堂の中にはお寺ゆかりの僧や足利義満の像が並んでいましたが、美術ファンが喜ぶのは出口付近の杉戸絵の「犬図」(円山応挙筆)でしょう。団体旅行にくっついて見に行ったのでよく分りませんが、これは特別拝観期間の限定公開と思います。(興味のある方はすみませんが調べてください)


shoukokuji2-2008.jpg特別公開については調べていませんが、建物内の一部が現在拝観できるようです。しかし以前は、この相国寺(しょうこくじ)は、一般の拝観をあまりやっていない様子のお寺でした。最近では承天閣美術館で若冲展などを行なうようになりましたが、昔は、勝手に入って立派な庭をぼんやり見ていても怒られない、気軽な時間つぶしの場所という印象しかありませんでした。今もそういう過ごし方も可能でしょうが、ここの承天閣美術館の常設はなかなか充実しており、伊藤若冲の水墨画や円山応挙の「牡丹孔雀図」など、素人が見ても面白いものがいろいろあります。
ここは京五山第二位のお寺で、知名度はとにかく、傘下(という言い方はしませんが)の鹿苑寺(金閣)、慈照寺(銀閣)その他のお寺の上に位置するお寺だということで、こうしたお寺に伝わる美術品もこの美術館に集められているそうです。

なかなか雪の積もった屋根や庭は見られないので、この日はちょっと得をした気分になりました。
posted by ring-rie at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会・個展など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

武内正樹 写真展 “Pawn Hearts”

前にも紹介しましたが、断愚流通信よりもずっと昔からの友人である武内正樹が久々に個展を開くというので、断愚流通信メンバーのうち3人+ゲスト1人で展覧会オープニングの日に行って参りました。

山積みの自転車、古い電柱の看板、散乱したゴミの横の雑草などの、ふだん見向きもされないもの、もしくは正視することを拒絶されがちなものが、被写体となって静かにこちらを見据えています。古いパイプ直線と剥がれかけた壁との対比、雑草の柔らかな輝きとうねり。眺めているうちにいろんなものが見えてきます。
お時間があれば是非足を運んでください。詳しくはこちら↓
http://empty86.blog23.fc2.com/

以下、武内正樹ブログからの転載です。

武内正樹 写真展
“Pawn Hearts”(とるに足らない物・事・景)
2008.02.02(Sat) - 2008.02.10(Sun)−会期中無休
ギャラリー・マゴット
http://gallery.maggot-p.com/

〒545-0011
大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F
tel/fax 06-6940-7257
営業時間 12:00〜20:00  月曜定休

********************

ギャラリーのオープニング記念(引越&リニューアル)でもあったため、昨日2日にお邪魔したときには、おいしいお料理、振舞い酒を頂いてしまいました。ギャラリー・マゴットの皆さま、ありがとうございました。

その後4人でちょこっと新年宴会を楽しみました。なぜか教育問題について盛り上がりました(笑)
今年のscopeの活動は、水面下ではいろいろ準備がされているようですが、直ちにアルバムリリースということはないようです。じっくりと時間をかけるということですので、気長に待ちましょう〜
posted by ring-rie at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会・個展など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

若冲展(相国寺承天閣美術館)

昨日は午後から京都の相国寺というお寺の中の美術館で、伊藤若冲の絵を見てきました。
興味はあったものの、どれだけ混雑しているかをまず考えてしまい、あまり積極的に考えてなかったのですが、おととい「一緒に行く?」と誘う人がいたので行くことにしました。
周囲には若冲のファンがたくさんいますが、私は今まであまり作品を見ていませんでした。昨日思い切って展覧会に行ったら、どうしてこんなに彼の絵が好きな人が多いのか、よく分かりました。確かに面白いです。私もすっかり気に入ってしまいました。
ただ、あの人ごみの中であの細密な絵を見るのはすごく疲れます。ちょっと会場が狭すぎるように思いました。まず40分待って入場し、さらに第一会場と第二会場の間でまた待たなくてはなりませんでした。ただし、待った甲斐はありました。

第一会場では襖絵、掛け軸などの墨絵の作品を集めていました。鹿苑寺(金閣寺)を飾っていたものが多かったです。例の竹虎図のモノクロバージョンがありました。第二会場はずらりと並ぶ釈迦三尊像と動植綵絵で、どれも鮮やかな色で緻密に描かれ、圧巻でした。絵の下のほうは人の頭やら身体やらでなかなか見えないのですが、あれだけ入場者がいる以上、そんな文句は言ってられません。こういう混雑した展覧会はけっこう多いですが、ちょっと作品と作品の間隔が詰まりすぎていたようです。しかし、釈迦三尊像と動植綵絵が一度に展示されることに意味があるそうなので、そこも我慢するしかないようですね(苦笑)

動植綵絵は確かに素晴らしかったですが、私は元々モノクロ絵画のが好きなので、第一会場に戻ってもう一度見たい絵があったのですが、戻ることはできませんでした。筆でささっと描いたシンプルな絵もかなり気に入っていたので、できれれば第一会場に戻りたかったです。しかし、間の通路で200人ぐらい(?)常に待っているので、突破は不可能&強制退場でしょうね。

1日おいて展覧会に行きましたが、見たい展覧会に行けずじまいになることが多いので、今週はかなりラッキーでした。

今回図録を買って帰りました。動植綵絵を紹介しているサイトはいろいろあります。これもその一つ。
http://park5.wakwak.com/~birdy/jakuchu/trip/gallery01.html

こういう本も出ていました。だれか貸してくれないかな(笑)
『目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 狩野 博幸 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E7%9B%AE%E3%82%92%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%82%8B%E4%BC%8A%E8%97%A4%E8%8B%A5%E5%86%B2%E3%81%AE%E3%80%8E%E5%8B%95%E6%A4%8D%E7%B6%B5%E7%B5%B5%E3%80%8F-%E7%8B%A9%E9%87%8E-%E5%8D%9A%E5%B9%B8/dp/4096070076/ref=pd_bxgy_b_text_b/503-7657775-1890356
タグ:若冲
posted by ring-rie at 17:14| Comment(2) | TrackBack(1) | 展覧会・個展など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

白川義員写真展「世界百名瀑」

今日は梅田周辺の中古CDショップでキュアーの2004年作「cure」(買おうと思った記憶はあるが、ずっと忘れていた)とマイルス・デイヴィスの「bag's groove」というおかしな取り合わせの買い物をした後(「bag's groove」は紙ジャケの割に安かったので購入)、阪急の駅に向かいかけたのですが、写真展のチケットをもらったことを思い出して、阪神百貨店に行きました。もっと早く思い出せば時間のムダもなかったのだけど。

見てきたのは、白川義員写真展「世界百名瀑」(5月22日(火)まで)。
英語のタイトルはThe World's Hundred Greatest waterfallsで、このほうが名瀑という言葉より分かりやすいのではないかと思いました。要するに、世界中のスケールの大きな滝の写真です。会場では名瀑の選定基準がいろいろ書かれてました。
阪神百貨店のチラシがそのまま見られるサイトです。
画像多数で重い。↓
http://www.hanshin-dept.jp/dept/s_shirakawa_index.html

画像ではよく分かりませんが、滝の水しぶきが作る模様がすばらしいです。いろんなタイプの写真がありましたが、自分は流れる滝の白く泡立つ水の表情を楽しみました。

写真はかなり大きく、写真によってはあんなに大きくなくてもいいように思ってしまいましたが、会場が混雑してくると作品が大きいほうがいいですかね。などど書いてしまいましたが、普通は大きいほうが臨場感がありますよね。(私はこういうことに文句の多い人間です)

それぞれの写真に撮影方法や、滝に近づいて撮影する際の苦労などがあれこれ書き添えてあるのも面白かったです。

写真家の知名度はよく分からないのですが、白川義員氏はどうなのでしょう? 世界的に有名な写真家ですが、風景写真の人気というのは、私にはよく分かりません。しかし会場は平日の夕方なのにけっこう混んでいました。

彼の名前についてはヨシカズと読むのが長いこと分からないままでしたが、ずいぶん昔にマッド・アマノ氏が彼の写真をベースにしたパロディ作品を発表し、裁判となる事件があり、まずはそれで彼の名前を知りました。この事件については著作権問題をとりあげたサイトで多く言及がありましたが、例のアマノ氏の作品は当然ながらどこにも見当たりませんでした。なぜか急に見たくなったのですけど。美術手帖で見たような気がします。どちらの写真も好きでした。

写真展出口には阪神百貨店に昔からあるカメラ修理コーナーがあったので、なんだかほっとしました。このご時世で修理依頼がどれぐらいあるのか分かりませんが、ここに並ぶ古いカメラ、後ろにいるおじさんの姿を見るだけで、なんだか嬉しくなります。
posted by ring-rie at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 展覧会・個展など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

武内正樹氏のモノクロ写真

先週の春分の日(3/21)に、旧友の武内正樹氏のグループ展を見に行きました。彼のブログに作品6点が写っています。↓
http://empty86.blog23.fc2.com/blog-entry-299.html

モノクロ写真ばかり撮っているわけではないけど、私は特に彼のモノクロ風景写真が気に入っています。
彼のモノクロ作品は、直線が作るシャープな構図がかなり攻撃的であったり、金属の「表皮」からひんやりした「体温」が伝わるような、独特の表現が気に入っていました。
最近の作品は、そういうかつての作風も残しながら、目に入る瞬間の衝撃度は押さえ気味になっている気がします。しかし、ビニールシートや壁などの被写体の表面から、じわじわと観る側の感覚に入り込んでくる力は以前の作品より増しているようです。

展覧会では、ブログで見る写真よりも微妙なニュアンスが加わった作品を見ることができました。技術的なことはほとんど分かりませんが、モノクロであって、いい色合いが出た写真を見せてもらいました。

展覧会後は再会を祝って、会場で一緒になった友人たちと四条河原町へ。現在opa裏となった路地は以前とすっかり変わってしまいましたが、自分たちの溜まり場だった店は今も健在です。例によって、てんでに言いたい放題の飲み会で、和することなく、和んで過ごしました。
posted by ring-rie at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 展覧会・個展など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする