2008年02月10日

大阪にも雪!

珍しく大阪にも雪が降りました。
昨日娘の受験の日でした。場所がよく分らないというので、大学受験会場前まで行くことになり、9時半ごろに大阪梅田駅に着きました。そのときに徐々に雪が降り出し、あれよあれよという間にどんどん降り積もってしまいました。自分の住んでいる地域は北大阪で、チェーン着装でなければ走れないような状態。びっくりでした。
一時はバスも止まり、どうなることかと思ったので、帰りも迎えに行きました。大阪駅の西側には再開発工事のため道のあちこちにガードマンが立って車や人を誘導しています。その先にある長い地下道の先のスカイビルで受験が終わるまで待ちました。ふだんなら、映画を見に来る以外に、このビルに用事はありません(ここの映画はけっこうマイナーな面白い映画が多い)。
大阪では見たこともないような吹雪をスカイビルの窓から眺めました。もし上の展望台まで行ったら、どんな風景が見えたことでしょう。やはり大阪市内は気温が高いのか、降るのはぼってりとしたぼたん雪で、歩道は水びたし。つるつる滑る道をなんとか歩いて帰りました。阪急電車はいつもどおりの運行でした。バスも運行再開していました。自宅付近は雪が5センチぐらい積もっていて、靴の中に入る氷水で足が冷たくてうんざりでしたが、雪が積もったマンションの敷地内はなかなか風情がありました。

2年前も雪が降り、娘は学校まで行けずに近所で雪だるまを作りました。高校生にこんな遊びはガキっぽいなあと言いながら、友だちを呼んで外で遊んでいました。その後も高校生活を楽しく過ごしすぎたもので、国立大学受験とは全く関係なく(センターには一応参加しましたが)、私学受験の一般入試でうんざりの日々を送っています。高校の友人の多くは推薦入試で早々と進学先を決めているものが多く、多少残った一般受験の友人とのメールや2ちゃんの情報を仕入れては受験の日々です。受けている大学の名前は、たぶん関東のみなさん知らないでしょうね(苦笑)とにかく来年は大学生という名の付く身分になれるように、毎日嫌々ながら参考書に向かっているようです。
進学先の決まった娘の友人たちはバイトだの運転免許取得だのに精出しているらしい。でもまあ、自分の考えでは、高校3年は最後まで勉強したほうが高校生らしいと思うので、最後まであがいてもらおうと思っています(笑)AO入試などでさっさと受験が終わった人たちが羨ましくはあるけれど、やっぱり一般受験が一番受験らしくていいように思います。結果は期待してませんけど〜

次回はスタンリー・クラークの昨年のアルバムを紹介予定↓
http://www.hmvjapan.jp/product/detail/2614875
(めちゃくちゃよかったと思います。ベーシスト愛好家におすすめ)
posted by ring-rie at 04:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

更新したのに…トップページが変わらない!

kumo9.jpg



28日に更新したのですが、どうしてもトップページが26日のままで変わりませんでした。
分らん!!!!

すみません。再構築は遅いし、原因は分らないし。
そして、このトラブルについて書こうと思ったのに、自分の思いはタイトルだけで終わってしまった。

時間ばかりがかかってしまいます、とほほ。

28日の記事にCDジャケ画像をつけるつもりが、めんどうになってしまいました。かなり疲れました。

全く関係ありませんが、大阪府の知事がリニューアルとなりました。
府の行政や関連団体に流れていくお金にすがるように生きている人は多いはずです。簡単に既得権を放棄するはずがない。でも、新知事さん、頑張ってください。
また、太田知事時代、府立高校にエアコンが設置されましたが、(どんなに暑くても6月には使えないとか、通っている娘は文句タラタラでしたが、)エアコンを設置したということは、その維持管理の会社も儲かるでしょう。もちろん儲けたって構いませんが、適正な儲け方かどうか、だれが審査するのでしょうね? そういう細かいお仕事、府職員のみなさん、頑張ってやってください。府民もめんどくさがらずに監視しましょう。

posted by ring-rie at 01:03| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

リンク追加しました

何となく体調不良、というのがここ数年続いていますが、ここのところ不調パワー全開(?)です。早めに用事を済まさないので、それがどんどんたまってしまい、ある日から一気に超多忙となり、そしてまた体調を崩すという悪循環。分ってるんですけどね〜このパターンから抜けられません。
音楽のことがうまく書けないときは、料理ネタでいこうとも思うのだけど、元々コンパクトにまとまらないタイプの人間なので、これ以上手を広げるのは自重しています。でも、ネギ焼き、焼きうどんを極めた!と思ったときは記事にするかも(笑)

またまたぼやいてしまいましたが、本日は新しいリンクのお知らせです。

tallulah (タルーラ)さんのsweet-a-holic
おんこちさんのF.R.DAVID博物館
MasayukiさんのMuzie Sara
falsoさんのQuem tudo quer, tudo perde.[全てを求める者は全てを失う]

タルさんはレイ・デイヴィス氏、おんこちさんはF.R.DAVID氏を熱く熱く紹介されていまして、基本は音楽サイトだと思いますが、私が特にお世話になっているのはブログでのお二人の映画紹介です。(これについて語ると自分の話ばかりになるので、自粛!!)

Masayukiさんは音楽配信をされており、また植物のことにも詳しく、リンクをお願いしました。サイトをリニューアルされたので、これからどんどんコンテンツが充実していくことと思います。

falsoさんには、その音楽知識の広さ、深さでいつも圧倒されています。ジャズ、ロック、それ以外についても、自分の揺るぎない尺度で語る姿勢が文章からはっきり見えます。音楽の好きな人には必見のサイト。

以上、もう少しましな説明をすべきでしょうが、4人の紹介をさせて頂きました。ほんとうは一人ずつ追加すべきだったと思いますが…すみません。
では、今後もよろしくお願いいたします。

ところで、リンク先が更新順になっていますが、他のseasaaのサイトはアイウエオ順昇順になっているような気がするのです。私は何か設定方法を見逃しているのでしょうか? どなたか分れば教えてくださいませ。
posted by ring-rie at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

本年もよろしくお願いします

shinnenmanryo.jpgあけましておめでとうございます。
昨日これを書く予定が、パソコンの画面を見ながら急に眠くなって寝てしまいました。

お花の年末セールは大荒れの天候の中、やっとこさ終わりました。しばらくお休みです。29日ぐらいに、在庫残すぐらいなら他所の店に回せとか、入荷止めろとか、ゴタゴタと店の上のほうから文句を言われましたが、判断できる段階ではないので無視しました。週2、3日ぐらいしか働いていないパートのおばちゃんたちのほうが、例年の動きはよく把握しているので。結果として売れ残ったものは多少出たけど、例年の売り上げに近い数字が出たことと思います。
あ〜とにかく終わってよかった。寒いし、雨だし、突風で物は飛ぶし、ひどい年末でしたわ〜

年が明ける前に「ナショナル・トレジャー2」↓を見に行きました。1のほうはまだ見ていません。テレビも見逃しました。ですので最初はちょっと分らない話が多かったけど、何しろ完全な娯楽映画(笑)なので大丈夫でした。前半は「ダ・ヴィンチ・コード」、後半はインディー・ジョーンズを思い出しました。無理難題をごり押しでどんどん実行する主人公がなぜかどんどん成功していくという楽しいお話です。イライラ募った仕事の後に見るのには最高でしたわ(笑)
なぜか新庄が一緒に写っている記者会見はこちら↓主演ニコラス・ケイジ写真多数あり
http://eiga.com/buzz/show/9683

ではでは、音楽についてはまた明日にでも。
こんなスローペースですが、本年もよろしくお願いします。

posted by ring-rie at 12:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

バトン(今頃ですみません)

leavescolored4.jpg

PTRさんのブログからだいぶ前にバトンを頂きました。↓
http://plaza.rakuten.co.jp/systemsofsilence/

私のもらった色は黒です。

バトン [ VARIOUS ]
◆最近起きた喜怒哀楽をひとつずつ教えて♪
喜:
さっきから考えているんですが、1つも浮かばない。何ででだろ? 
そうだ、おとといパン・プディングが美味しく作れたこと。それそれ。それと前に書いたけど、炊飯器を買い換えたこと。

怒:
実につまらんことで恐縮ですが、家族の中に、好き勝手な時間にランチを作れとか、腹減ったと言うヤツがいて、それに振り回されること。家族が冬に冷茶を飲むのも気に入らん。何よりも私はオカン業を早く引退したい。

哀:
何か面白いことを書いてやろうと思うと、必ず失敗すること。
それと、もうすぐ年末の花のセールがあり、寒いのに長時間働かなければいけないこと。この時期になるとこの仕事やめたくなる。

楽:
マンガを息子から貰ったこと。さくらももこ「永沢君」:どんより系ギャグマンガの傑作。永沢、お前はほんとサイテーだ!!

◆最近の好きな食べ物は?
チヂミ。具は、かぼちゃ、みつば、ホタテ貝が特に美味。
生地は水多めにし、焼くというより多目の油でテンプラ風にする。

◆最近好きな音楽又は着信音は?
着信音はありません。
好きな音楽は、懐メロハードロック、ジャズなどなど、いつもと同じ。
しみじみ聴き入ったのは
スクリッティ・ポリッティ「アノミー&ボノミー」、鬼怒無月「Quiet Life」(特に1曲目『渡良瀬』)

今月買ったCD、レコードは
アジアン・カンフー・ジェネレーション、マーク・ジョンソン(withビル・フリーゼル、ジョンスコ)、ゲイリー・バーツ&ソニー・フォーチュン(何と1曲目はStolen Moments)、山中千尋、キース・リチャード、後は忘れた

おまけ:ケーブルテレビで電気グルーヴのPVが面白かった

◆最近の口癖教えて♪
「芸能界から○ャニーズが消えればいい」
あ、○瀬君以外です。ファンじゃないけど。

◆最近出かけた場所は?
近所の市営テニスコート(本日)

◆好きな色は?
紫・黒(志穂美さんと一緒!)とやまぶき色

◆嫌いな色は?
どピンク

◆携帯の色は何色?
濃紺

◆回してくれた人の心の色は?
ん〜心の色は、たぶん、クリムゾンレッド(笑)

◆次の色に合う人にバトンを回して下さい

赤→
桃→
橙→
黄緑→
緑→
水→
青→
紫→
黒→
灰→
白→sandさん?

みなさんもう終わったっけ? かぶってる?
ブログの人がいいのかな?
今やたら忙しい時期と思うのですが、一応希望だけ書いておきます。
書いてみるとけっこう楽しいですよv
気が向いたらよろしく。
posted by ring-rie at 02:59| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

炊飯器とパステルとパソコンとブルース

名称未設定 1.jpg今週もぐうたらしてしまいました。
いいニュースといえば、炊飯器を土鍋内臓(?)型に変えました。
前のはまだ使えるんですが、「おこげ」ができる炊飯器がほしくなりまして。今朝初めて使ったのですが、なかなかおいしいご飯が炊けました。おこげを作るのには火加減(?)調整が必要で、これに気づかず、今回は底のあたりが軽く茶色くなった程度でした。
お米の甘みが出るおいしさにはとっても満足ですが、やはり陶器の内釜なのでご飯がたくさんくっついてしまうこと、加熱時の音が大きいことがちょっと不便です。しかし旧モデルを現品限りで買ったことだし、文句はありません♪

もうすぐ年賀状の季節なので、前の年賀状の画像をいろいろ変えて今年のアイデアを考えていました。2番煎じはダメなので、一から絵を描かないといけないとは思いますが、果たしてまたパステルを握って絵を描く暇があるのかなあ。でも、昨年下絵も作らずにフォトショップだけで作ったのはあまり気に入らなかったので、今年は下絵だけは描こうと思っています。ほんとはフォトショップなどでいじらずに、ちゃんとした絵を描くべきなんですが、年に一度じゃ絵は下手になる一方です。ですのでいつもパソコン使って修正しています。
でも、あともう少しで今年も終わるというのに、何も年賀状のアイデアが浮かばないのです。どうなることやら…

音楽はいろいろ聴きましたが、一度ブルースに漬かると頭がブルース色になってしまい、頭の中にブルースハープが鳴っていました。
ジョン・リー・フッカーの動画を探していたら、いろいろありました。その中で御大の動きがちょっと可愛いのがあったのでご紹介を。
(アルバム名は『Healer』と思うのですが、未確認)


自分はずっと、カルロス・サンタナが苦手だったのですが、最近そうでもなくなってきました。
何度か鬼怒無月のソロアルバムを聴いて、サンタナの「ロータスの伝説」が妙に聴きたくなりました。サンタナのギターは、家にある音源では、ジョン・マフラクリンの「エレクトリック・ギタリスト」の中の1曲だけです。
苦手といえば、アル・ディメオラのギターもそうだったのですが、最近考えが少し変わってきました。音楽の趣味ってこうも変わるものなのかなあと思います。私がいい加減なだけかもしれませんけど。
音楽に限らず、年齢とともに嫌いなものが減ってきた気がします(苦笑)
posted by ring-rie at 14:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

すみません、バタバタしておりました。

コメント書いてくださった皆さま、返事が遅れてすみません。

お返事、これから書こうかと思いましたが、今日はどうも疲れたようなので明日(というか今日)の朝か昼にでも。

土曜日に冷蔵庫を買い換えて、疲れきった週末でした。
夕食中に、台湾で行なわれているオリンピック予選の日本対韓国の試合を見始めたら、終わったのが何と11時半ぐらいでした。

そんなに熱心に見始めたわけでもないし、昨日のフィリピンとの試合は見てないのです。でも、ほんとに手に汗握る試合でして、老獪な阿部のバッティングだの、謎の(腹立つ)球審の判定だの、岩瀬のピッチングの悲壮感溢れる顔だの、そういうのが現在頭の中でごちゃごちゃ状態になってます。
川崎選手って何てキレイな顔なんだろうとか、そういうことも考えましたし(まずは彼の守備のよさ、盗塁成功のことを書くべきでしたね)、そういう雑念もひっくるめて、数時間野球にどっぷり漬かってしまいました。かなり久しぶりの体験です。そんなに野球に詳しくはないのですが、これだけすごい熱戦って、シーズン中もなかったのでは? じわじわ追われる試合でした。何の根拠もなく勝てるだろうと思ってた自分は相当甘かったようです。

北京に行けるかどうかとか、途中からそんなこと忘れて、とにかくここでは勝ってくれと祈りながら試合を見ました。
韓国の粘りがすごかった。そして阿部のバッティングがすごかった。上原の最後の気迫には、まるでマンガのように身体から炎が上がっている感じがしました。
勝ててよかったです。本当に力の入る試合でした。明日も勝ってほしいですね。ダルビッシュに頑張ってもらいましょう。星野監督疲れさま〜
タグ:星野仙一
posted by ring-rie at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

独り言〜サイト管理が進まない〜

leaf-b-fur.jpgブログの模様替えをしようと思いましたが、最初選んだデザインを引き継ぐと、バックの色を白やピンクにしずらいので、結局黒になってしまいました。
そしてプロフィールを書き直そうとしたら、さっぱりやり方を忘れたうえ、訂正もうまくいかず、非常に手間取りました。
seesaaのブログ、デザインはけっこう気に入っていますが、コンテンツの表示や中身の変更がめちゃくちゃめんどうです。
その昔、sandさんが「何ゆえにseesaa?」と言ってた意味は、後でよく分りました。再構築の遅いこと! リンク先を増やす予定なのですが、今日はもう、ブログページを見るのをおしまいにしたいです。まあ、問題は自分に根気がないということですけど…

さらに、自分の関連するサイトの手直し、更新が全くできていません。なんとかこちらも更新が楽にできる方法を考えなくてはいけません…前途多難です、もともとこういうものに弱いし、ずっと続けている(が結果の出ていない)翻訳スクール課題に追われる日々が待っています。すごく焦っているのですが、まるで前に進みません。

いろいろ夢はありまして、フォトショップで画像をあれこれ作りたいとか、ジャズではピアノトリオ特集とピアノレス特集をアップしたいな、とか、いろいろ思うのだけど、どれも前に進みません。
東欧音楽も最近取り上げてないし、ロックもずっとお休み。

まあ、しかし、こんなことを書いているのが一番ムダですよね。
グチはこれでおしまい!
写真は一年前の葉っぱです。
posted by ring-rie at 15:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

秋のベランダ鉢植えの世話―ちょっと頑張ったら腰痛になりました(泣)

この夏の暑さでベランダの植物の世話をしなかったら、元気に生き延びたのはアロエなどの多肉植物とオリヅルランぐらいでした。ミニバラは貧相な花をつけていますが、花といえばそれぐらい。
植木鉢を移動すると丸虫(世間ではダンゴムシが通称かな)が大騒ぎ。小さいムカデもいて、ゲンナリ。これでは不快害虫を育てているようなものです。やぶ蚊と戦いながら、ミニバラに侵入したムスカリを取り除く、植えっぱなしの球根の入った鉢に肥料を入れる、などなど一気にたまっていた作業をしたところ、だんだん腰がだるくなってきました。前かがみの姿勢を続け過ぎたらしいです。
しまったと思ったときはもう遅く、数時間で腰痛が出てしまいました。これで2回目ですが、今回のほうが重症。椅子に座る、立つという当たり前の動作などで悲鳴をあげ、夕方は整骨院へ。

ベランダの作業は途中で放棄です。シャコ葉さぼてんの植え替え、ミニバラの土の入れ替え、などなど。今度着手するのは寒くなった頃でしょう。それまではまたダンゴムシのパラダイスになるかもしれません。

ライブの感想の続きはそのうちに。明日は、チケットが余ったからというので、木村充揮&有山じゅんじのライブに天保山へ誘われています。しかし、その前にパートの仕事があるのですが、この腰痛でどうなるのか不安。さすがに本日のテニスは休みました。木村さんの歌はここのところすごくいい感じなんで、体調悪いけど行きたいと思っています。
会場のサントリー・ミュージアムのイベント情報↓
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/event/index.html


みなさんくれぐれも腰痛にご注意くださいませ〜
(こういうヘマは私ぐらいかぁ…)
posted by ring-rie at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

ローランド・エディロールUA-1EX アナログ音源をパソコンに

みなさんは、レコードやテープをCDにしたり、パソコンでMP3ファイルなどに変換したりされていますか?

ここによく書き込み頂いている皆さんと以前オフ会をしたとき、参加メンバー全員が、レコードをCD化する夢のような道具があり(また商品名忘れました)、これを使えば、自宅のレコードがそのままCDになる!!(そんなわけないですが、まあ、そんな感じ)という情報に、皆が口々に、「それ欲しい!」と叫んでいました。
つくづくみんな、レコード時代に生きていたのだなあと実感(苦笑)ですが私は、皆が絶賛するこの機器がかなり場所を取るらしいと聞いて、早々と購入を諦めました。(さらに、あまり安くはないのですよ、その道具が…残念)

top_M.jpg
でも、やはり自分も、LPをもっと聴きやすい環境にしたいので、ローランドのエディロールというわりと簡単な道具を買いました。これをアンプとパソコンにつないで、レコード音源をパソコンのHDに保存し(専用のソフトもセットです)、CDRに録音できるようにしました。

買ったのはUA−1EXという1万円ぐらいの製品で、もっと高い商品のほうが当然音質はよさげでしたが、まあ、どうせレコードと同じ音質にはならんのだったら、安いほうでいいだろうと、特に何も調べもせずに適当に選びました。

ところが、買ってみたものの、アンプも買い換えて、その使い方とセットで覚えなくてはならず、なかなか念願のレコードのCD化作業には至りませんでした。
とりあえずつなぎ方だけが分った後、何をしていたかというと、パソコンで見れる無料動画の音をオーディオ用のスピーカーで出して聴いていたぐらいでした。うちのパソコン用スピーカーの音は低音があまり出ないので、なかなかいい音で聴けるようになりました。

紹介はいろいろありますが、一例↓
http://www.ishibashi.co.jp/webshop/synth-dtm/dtm/edirol/ua-1ex.htm


こうして買ってしばらくはいろいろいじっていたのに、その後しばらくすると熱がさめてしまい、ふだん使わなくなってしまいましたが、数日前、娘に、文化祭で使うMDをCDに入れたいと言われ、やっと買ったときの本来の目的のためにエディロールを使うことになりました。それまでインストールもしていなかったソフトを引っ張り出して、試しにレコードを録音してみました。

元々あまり機械に強くない自分は四苦八苦してパソコンにアナログ音源を保存してみました。当たり前ですが、アナログ的だなあと思ったのは、レコードの針を落として、それからパソコンのレコードボタンを押す作業。なんて原始的なんだろうと思いました(苦笑)以前は当たり前だったんですけどねえ。慣れとはおそろしい〜

ところが、何を間違えたのか(ファイル保存のときに、分割したファイルのファイル名を同じにしてしまったのか〜謎)、できあがったCDは同じ曲が2曲ずつになってしまいました。大失敗。ただ、音質については、かなり満足。いい感じです。(ついでですが、その音源は渡辺香津美の「ミルキー・シェイド」でした)

その後、娘とMD録音したときは、娘が「いっせいの〜で〜」と言いながらMDの音出しをして、私がパソコンのボタンをクリックするという作業になりました。音源を分割して失敗したので、1曲1ファイルにしたからです。慣れればこんなことにはならないと思うのですが、なんでも道具は使いこなすまでに時間がかかりますよね。
MP3変換にして保存し、その後CDにしました。これはジェットオーディオ使用。めでたくCD完成となりました。

それにしても、今後LP、テープ類も編集し、保存するとなると、時間がいくらあっても足りない気がして、暗い気分になりました。元々要領悪いほうなので、相当時間がかかりそうです。

やはり私には、エディロールより、最初に書いた、CD作成マシンがよいかもしれません(苦笑)
面倒だと思い始めたら、最初の熱意はどこへやら…しかし!
いやいや、これでは、根性がなさすぎると自分を追いたて、引っ張り出したのが、例のポップ・グループのLPでした。
ところがそのスリーブから出てきた特大チラシを読みはじめ、CD化に着手せずに一日が終わってしまいました。まずは私の性格をコンバーターで変える必要がありそうです。
posted by ring-rie at 02:37| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

水木しげるの戦争マンガ

mizukisan12.jpg昨日(もう一昨日ですが)ぼんやりとテレビをつけたら、NHKスペシャル「鬼太郎が見た玉砕」という番組の途中のシーンで香川照之の顔が見えました。面白そうなので見始めたら最後まで見てしまいました。
http://www.nhk.or.jp/nagoya/kitaro/

水木サンを香川照之が演じるのいいと思うのですが、演出はやたら大げさに思えました。でも、ここで文句を言い出したら、また話のポイントがずれてしまうので、演技についての話はここまで。

彼がマンガで「玉砕」体験を語ろうとすると、眠れば悪夢にうなされ、目の前にあの世の戦友たちが、上官たちが現れます。自分たちの体験を描いてくれと水木しげるに懇願する戦友たちの言葉はとてもリアルでした。

水木マンガというのは、どんなに深刻な話題でも、どこかユーモラスで呑気なところがありますから、このドラマでもその点を考慮して、重い話ばかりにならないようにしていました。実写にかぶせたアニメで鬼太郎やおやじやねずみ男が出てきますが、これは前からNHKが得意とするパターンですね。

このドラマの原作は読んでいませんが、「コミック昭和史」は全巻持っています。こちらは水木しげるの見た戦前、戦中、戦後を描いた大作ですが、自分が気に入っているのは戦後の彼の貧乏時代の話。マンガ家になってからの、白土三平先生のエピソードなどが最高に面白い! ナビゲーターはねずみ男です。

一度読んだだけでは細かい部分をつい読み落としてしまうので、何度か読み返したほうがいいようです。そう思いながらなかなか読み返さずにいます。

(画像は以前、志穂美さんの画像掲示板に投稿したものを書き直しましたが、うまく行きませんでした。暇なときに再チャレンジしたいです)

posted by ring-rie at 01:07| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

私の不注意の結果乗ることになった寝台急行『銀河』

話が前後しますが、フジロックに行こうとして、7月26日の夜行寝台急行『きたぐに』が運休なのを知らずに、呑気に大阪駅にやってきた中年女性とその息子の珍道中について書いておきます。

こんなミスをする人は普通いないし、何の参考にもならないかと思いますが、偶然乗ることになった寝台車の「銀河」東京行きは、少し古くて面白い車両でしたから、そのことなど。
(こんな話は適当に切り上げて、ライブレポの続きを書くべきと思いますが、それはまた明日以降に)

あれこれこのブログ書いていますように、先週7月27日にフジロックに行きまして、金曜日の12時ごろから苗場スキー場の会場におりました。これが実現したのはほとんど奇跡でした。

なんと、行きに乗る予定の『きたぐに』が運休でした。原因は例の新潟の地震です。そういえば、地震後すぐに運休のニュースがありました。(通常の人間はその後、運休がどうなったかチェックするでしょうね)

しかしそんなことは何も考えず(旅行準備に夢中になっていたので)、木曜の夜10時ごろ、1時間ほど発車時刻を間違えて早く大阪駅に着いたら、運休と言われ、「払い戻しはあちらです」、などと駅員がクールに言うものだから、ブチ切れそうになりました。(言い方の冷たさが凄かった。対応のテキトーさがこれまた立派だった、さすがはJR西○本)

しかしそこは我慢して、「私らはどうしても、明日の朝新潟県に行きたいのです!!」と言ったかどうか覚えていませんが、改札でグダグタと駅員と話をしました。(こんな客はアンタだけだやで〜という態度の駅員は、うんざりした表情でしたが、まあ、確かにそうやろ、こんなドジな人間は私ぐらいやろな〜)

そのとき改札から見える電光掲示板に東京行きの夜行寝台車『銀河』の文字があり、もうすぐ発車の時刻だったので、これに乗れないものかと駅員につめよりました。「だったら、みどりの窓口で残席を確認して切符を買ってください」と言われて、大急ぎで払い戻しと切符購入をして、『銀河』に飛び乗ると、発車時刻はその2分後でした。

すごく疲れました。息子には「なんで運休の確認をしなかったのか」と怒られました。まあ、中年になると、思い込みミスが増えるわけで、まさかまだ運休していると思わなかったというのが失敗の理由でした。

しかし、『銀河』はいい夜行列車でしたよ。きたぐには3段ですが、こちらは2段でコンパートメント式。ゆかたもついているんですね♪
4人の旅行か、2人の旅行にぴったりです。上段しか空いてませんでした。けっこう人気あるのかも。レトロな雰囲気がよかったです。

とまあ、行きのトラブルは半端ではありませんでしたが、東京から上越新幹線に乗り換え、けっきょく予定通り9時ごろに越後湯沢に着きました。結果はほぼ予定と同じ!

寝台車の中では、Pe'zの2枚組「起きて寝る」を聴きました。翌日フジロックで彼らのステージが聴けるかどうか、The Cureの前だし、分らなかったのですが、結局聴くことができました。すでに演奏は始まっていたし、その上聴いたのは途中まででしたが。それについてはまた後日。
posted by ring-rie at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

またも、うどんすき! 大阪では「美々卯(みみう)」でオフ会open!

141308.jpgえ〜、フジロックから戻ってすぐに、大阪でショコポチさん&ご家族歓迎オフ会がありました。
本日がその2日目。今日は遊覧船の川めぐりコースと心斎橋〜千日前〜難波の旅。私は遅刻して心斎橋から参加しましたが、くいだおれ&吉本お笑い芸人グッズ見学&購入などを楽しみました。
たぶん、タルさん、おんこちさんが詳細な報告をしてくれるだろうと勝手に期待しています。早くこの二人のサイトにリンクしなくては〜

今回のオフ会までに体調を整えるはずでしたが、フジロックから帰ってひたすら眠いばかりの日々です。それでもショコポチさんが来阪とあれば、そりゃあもう、お会いしに行かなくては!!
…とは思うのですが、何しろ元々体力ないもんで、ギリまで参加を保留してました。幹事さん、いろいろお世話かけました。

そして、オフ会オープンを飾ったのは美々卯うどんすき!
ショコポチさんから、「うどんすき連続でだいじょうぶですか」との言葉に、「はい、OKです!」そりゃここのうどんすきは有名&美味ですからね。

(画像は拝借しました↓
http://blog.so-net.ne.jp/mecha_panda/2005-03-10
こちらには例の「生きたエビ」の食べ方紹介もありましたよ〜)

しかし、ショコポチさんは、私が越後湯沢でもうどんすきを食べたことをしっかり把握されていたわけで、みんなリンク先のコメントをよくチェックされている〜と感心しました。

bowさんのお蔭で食べた越後湯沢のうどんすきももちろん美味しかったし、まいたけ天ぷらと岩魚料理もすごくよかったのですが、何とまた、大阪に戻って「食い倒れ」企画を楽しむことになりました。

ショコポチさん、是非またおいで下さい。
次は天王寺で串かつかな。
タグ:みみう
posted by ring-rie at 04:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

プチ手術!/ やまもものフルーツ・ソースのことなど

今日(昨日)は、朝から皮膚科に行って、なんとプチ手術でした。
美容ではありません。背中にでっかいほくろみたいなものができまして、毛細血管が伸びてできるらしいのですが(説明はすぐ忘れました)、窒素のスプレーで冷却してもダメだろうということで、手術となりました。1万円ぐらいかかりますと言われて、どうしようか〜と思いました。相場が分からないよ、こういうのは。

手術はわりと簡単に終わりましたが、あとで切り取ったものを見てゲンナリでした。気持ち悪いというより、やっぱり、身体の一部とサヨナラするのは、すごく嫌なものです。もちろん病気、ケガなどでそういう手術を受けなくてはいけないなら仕方ないし、嫌とは言ってられませんが、感覚的には受け入れたくないことです。整形手術でいろいろ処置してもらう人はたくさんいますが、私はやっぱりこういうの苦手。
というわけで本日は大人しく過ごしました。

yamamomo.jpgさて、なんでヤマモモがこの続きなのか、特に意味はないのです。アップするチャンスなかったので、今書いているだけ(いい加減〜)
六月に近所の公園(お笑い芸人○村が昔住んでいたという児童公園)のヤマモモを拾ってフルーツ・ソースを作りました。周囲の目が気になってあまり拾えませんでしたが。
画像は、カラスが落としたと思われる枝です。

しかし、相当たくさん拾わないとジャムにはできません。タネが大きいのです。砂糖をまぜて加熱後、目の粗いザルに入れてタネ以外を裏ごしし、その次に細かいザルでもう一度裏ごししました。
フルーツソースはおそらく60グラムぐらいしかできませんでした。がんばったのにこれだけ!!
しかし、元々、市の公園のものですから、文句は言えません(笑)
これって違法なのかなあ。

昨日公園の横を通ったら、ヤマモモの実はすっかり地面でしなびておりました。時期ハズレなネタですみません。フルーツ・ソースはヨーグルトに混ぜておいしく食べています。
posted by ring-rie at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

水野英子・「ファイヤー!」

fire.jpgこれから神戸までライブに行きます。
さっさと用意すればいいのだけど、リンク頂いている志穂美さんの画像掲示板でフジロック持ち物選びTシャツ編(仮題)がどんどん盛り上がっているので、その昔好きだったドアーズのジム・モリソンなどなど、人気キャラ(?)が続々ネット検索するうち、いっそのこと誰ともかぶらないグループはないだろうかとか、全く本来の目的と関係ないもの探してしまいました。ドアーズのレイ・マンザレクのシャツとかないもんでしょうかね(苦笑)

全くバカことで楽しく遊び出すと止まりません。今日はこれぐらいにして出かけますが、その前に、なぜか思い出してしまった、水野英子の「ファイヤー!」です。(ファイアーではありません。)

私はこのマンガを読みながらにロックを聴くってなんてカッコいいんだろうと思っていたわけで(なんてカッコ悪い)、このマンガで描かれる米国をそのまんま受け入れるってことはないにせよ、ロック関連情報はここと雑誌のミュージック・ライフとAMラジオのみでした。
ですんで、PVが当たり前に存在した時代とはえらい違いでした。そして今もカンチガイだらけの知識を引きずっております。(それは自分の性格のためでしょうけど)

このマンガと水野英子先生の話は、こっぱずかしいので、けっこう書きにくいですね(苦笑)
しかし、「あなたは、マージがだれがモデルと思う?」
などと喋り出したら、限りなく盛り上がれる(?)マンガです(笑)
(このマンガと水野英子論については、2ちゃんねるの情報が面白かったということだけ、お知らせしておきます)
posted by ring-rie at 14:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

昨日の「すべらない話」のMVSは…

昨夜は久々にテレビ前におりました。やたら忙しい一週間でした。

松本人志の「すべらない話」を我が家の子どもら(すでに大きいですが)が大好きなので、昨夜のゴールデン枠特番もついつい全部見てしまいました。映画「大日本人」の宣伝兼ねての特番でしたね。
映画は多少ハズレであっても見たい気がしています。

自分としては、一番面白かったのは、キム兄の「キクチさん」より千原ジュニアや小藪だったんです。
でもう一回聞いたら、あの車のディーラーのキクチさんが「会社辞めます」という辺りから、周囲の芸人らが笑い転げながらもゴチャゴチャとツッコミを入れはじめ、その騒然とした中で延々と話が続き、もう終わるやろうと思ったらまだ続くという、悪酔いした上司の説教みたいなのがけっこう面白かったです。

メインの話題とは関係ありませんが、番組中にコメントを言っていた秋元康の顔がだんだん大江健三郎に似てきた気がして、やたら気になりました。
(どこがやねんと言われそうな気もしますが)
日本人男性の数パーセントは、あの顔に似てるのかもしれない。
posted by ring-rie at 13:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

MMRという予防接種

いろいろとやるべきことがたまってしまい、いつもならネット巡回でいろんなブログや掲示板を回るのを控えています。
週末はこれが楽しみなのですけど、やり始めると延々と読みふけってしまいますので、ちょっと我慢しています。
ご無沙汰しているみなさん、すみません。

いきなり予防接種の話題を出すのはなぜかというと、自分の娘の世代周辺にはしかが流行っており、関東あたりから全国に広まりそうだというニュースを聞いたからです。

私の娘が生まれた頃、MMR(新3種混合)ワクチンというのが開発され、はしか、風疹、おたふくかぜという、幼児が感染しやすい病気のワクチンが一発で終わるという画期的なものができたということで、実は私は、「なんてありがたいものが」と思ってさっさと接種させに行った呑気で無知な親でした。
副作用のことは知っていましたが、まあ、接種した当日ぐらい様子をみれば大丈夫だろうと思っておりました。
で、うちの娘には特に何も副作用による症状はありませんでした。しかし、その後、ワクチン副作用であるとされる死亡例が続出して、このMMRは4年ぐらいで廃止になりました(詳細はまともなサイトでご確認ください)。
友人はMMRを子どもに受けさせず、「あんたはラッキーだっただけ」と言い切っていました。私は、そんな危ない注射だったのかぁ〜と思いましたが、何しろ上の子で、風疹、おたふくかぜで保育園を休ませた苦い経験から、1度で3つの病気を予防したいという願いは強かったわけです。
MMRができる前ははしかワクチン単独を接種させることになっていて、上の子ではそうしました。しかし、風疹、おたふくかぜの予防接種は有料で、その上連続して受けさせられないので、なかなかいくつも受けるのが大変でした。しかし、単独でもはしかだけは絶対に接種しておくべきというのが自分の常識でしたが、MMRのせいで、どうやら予防接種自体の信用が下がってしまったようですね。
よく分かりませんが、厚生労働省(当時は厚生省ですね)が補償をしたくないためか、その後の予防接種が様変わりしたようです。
そのあたりはもう分かりません。自分の子以外のことは全く考えていないというエゴイスティックなことで恐縮ですが、正直言って自分の子以外のことに頭が回るほど子育てに余裕はありませんでした。

で、今のはしか流行のことですが、これはMMRのせいなのか、何なのか、自分に判断できる知識はありません。しかし、一部の親が予防接種恐怖症になった時期があったのは確かではないでしょうか。私はいくらなんでもはしか単独ワクチンぐらい接種に行くのが普通だろうと思っていたけど、当時から常識は変わってしまったのかもしれません。

予防接種による副作用の怖さと、伝染病にかかる怖さと、どちらが大きいかということで、予防接種の副作用のほうが怖いということになってしまった結果が今のはしか流行の原因だとしたら、これは行政側の責任放棄だろうと思います。はしかだけではなく、風疹が成人女性、おたふくかぜが成人男性に感染した場合どんな危険があるかなど、当たり前の知識が広まらないのは本当に危険ですね。

私の意見はまだまだ狭い範囲の知識によるものなので、詳しくは専門のサイトを見てくださいね、間違いがあればご指摘ください。
posted by ring-rie at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

今度は浮世絵を見ました

最近展覧会によく行きます。
というか、招待券があったので、水曜日は天王寺の大阪市立美術館へ、フランス国立ギメ東洋美術館の収蔵品を見に行きました。
しかしもう、本日詳しい感想はやめておきます。疲れすぎてるので〜7日間に3つは私には多すぎます。眼精疲労の限界。寝ても疲れが取れません。
特に今回は浮世絵が中心で、細かいところまで見たかったけど、やはり、各木版画の前は人だらけ。例によって、あまり詳しく知らないので、写楽、北斎、歌麿、広重あたりの超有名な絵師は作風も分かるけど、他の絵師については名前を知らない人も多かったです。でも、これもなかなか面白い展覧会でした。

かなり閉館近くに行ったので、夕方5時に近づくと大阪市立美術館恒例の観客追い出し作戦のアナウンスが始まりましたが、会場を出るどころか、ちょうど人が減る頃なので、閉館前にもう一度人気作品の前に行ってきました。ゆっくり歌麿の版画の着物の柄など見ました。
しかし、もう一度見ようと思った広重の作品(木曽路〜とありましたが、図録がないので作品名は分かりません)はとても人気があり、閉館前なのに人の山が消えません。これは深い緑色を基調としたいい木版画でした。

そろそろこの展覧会も終わりに近いです。これから見に行かれる方、時間配分にお気をつけ下さい。後半見るものが多いです。今回常設もわりといいらしいのですが、時間がなくて諦めました。
posted by ring-rie at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

ちょっとだけ行った、高槻ジャズストリート

周囲は連休に突入していても、自分は英語の宿題(この歳で!)だの、バイトだので忙しくて、連休らしいことをしたのはご近所のみなさんと行った4月29日のハイキング(三田有馬富士方面)だけ。
でもまあ、やっとこさ、バイトが終わって、家族に夕飯を作ってから、高槻まで行って、高槻ジャスストリートの終わりかけを見に行ってきました。(聴きに行くというほどは聴けませんでした)
miyasitacds.jpg

現代劇場という大きいホールでは、エリック・マリエンサルが出ていたのですが、これには間に合わずでした。その次のバッキー・ピザレリも聴きたかったけど、それよりも、京都のKさんがイチオシのピアニストである宮下博行さんのトリオを聴こうと現代劇場横のレセプションホールへ。会場に入るなり、シルキーなピアノの音に包まれました。私はどちらかといえば、とんがってる音楽に惹かれるほうなんですが、たまにはこういう柔らかな音も聴きたくなります。

宮下さんのCDを2枚、いい加減な画像ですが、添付しておきます。この日は下のほうのCD「The Flow Of Time」からの演奏が多かったとのこと。上のCDとはベース、ドラムが違います。続きはまた明日に!

今日はあまり時間がないので、紹介はここまで。無料のライブをやってる高槻市のみなさんには、毎年感謝してます。お疲れさまでした〜
posted by ring-rie at 14:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

かる〜いネタ・fromようつべ

youtube見ていると、本来検索に行ったものを忘れてしまいますね。

こんなものアップしてどういうつもりやねんと思われるかも知れませんが、私はお笑いに弱いんで。

ごっつしょうもないビデオですが、これは多少英語の勉強になり、米国人のタコへの恐怖感を和らげる作品となっています(たぶん)。たこ焼きの紹介もあり。



同一作者による「迷子」もけっこう秀作ですが、これは肖像権とか、たぶん全く無視なんで、その点が批判を受けておりました。
公開許可受けたと思えないんですよね、あれでは。
それとも、そんなかたいこと言う必要ないかなあ、笑って済むことなのだろうか…などなど考えてしまいました。だって、マスコミの取材って、無許可映像も多いのではないでしょうかね。
posted by ring-rie at 11:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする