2017年04月06日

p 浜村昌子 vo 東 かおる × p 牧 知恵子 vo 山内詩子

3/26(日)に行ったライヴについて書きます。

摂津本山に近いけど、阪急の 岡本からKobe BornFree でヴォーカルとピアノのデュオ対バン企画という珍しい企画。お昼の3時開始でした。


p 浜村昌子  vo かおる   

             ×

p 知恵子  vo  山内詩子


阪急岡本駅から歩いて行くと、出演女性4人がお店や入り口で談笑していました。いいムードです。


前半の東かおるさんは英語でジャズを歌い、後半の山内詩子さんは主に日本の歌を、という企画でした。それぞれのヴォーカリストの歌い方の違いが分かるこの企画は、歌ものの好きな方にはとりわけ楽しい企画だったはず! そしてピアニストの2人も、同じピアノから違う音が聴こえてくるし、ヴォーカリストをそれぞれにプロデュースして、いわゆる歌伴ではあるんだけど、ヴォーカリストと対等な関係を築いています。歌伴という言葉は歌がメインになるから、歌とピアノのデュオ、と言う方がいいでのしょうね。


120B944D-4209-462C-9714-1B5272635CC7.jpg


東かおるさんの歌はこの3月よく聴きに行きました。グローバルジャズオーケストラ、ジェシ・フォレスト&ライト・バンドをこのデュオの前に聴いていました。東さんはこの日スタンダード曲などジャズナンバーを披露。それって当たり前なのでは?と思われるかもですが、それが後半との対比を成すので、大事なポイントなのです(笑)

とにかく、東かおるさんを3回とも違う企画で聴いて、いきなり東かおる研究会みたいなアプローチ(笑)偶然こんなスケジュールになりましたが、ピアノの浜村さんがどんどんヴォーカリストの良さを引き出すようなこのデュオも素晴らしかったです!


53DC5E71-755F-4D86-805A-1EE532F7F638.jpg


そして後半の山内詩子さんは、最初に"Spring Can Really Hang You Up the Most" を披露。ライヴで何回聴いても、詩子さんのこの歌に引き寄せられ、心が解れます。歌詞は明るくないというのに、このメロディーが高音部にふっと飛ぶところで、こちらもふわりと持ち上がる感じがあり、毎回それを聴くのが楽しみなのです。


60FEA42C-E91B-47D3-96A5-8C61E2D070DE.jpg


しかし、この日のメインはその後の、<日本のうた>でした。いつものライヴでも1曲ぐらい聴くのだけど、この日は日本語の歌がずらりと登場。そりゃもう、しみじみ聴きました!

この日にこの企画を聴きに来てよかった。とにかく、体験できてよかった!

初めて聴く牧 知恵子さんのピアノ、時々スイッチ入ったように熱くなるのがいいです。


AB43E20B-04E4-4E27-811B-A3AD56E036D2.jpg


このデュオ二組の企画はまた聴きたいてす。ヴォーカリストやピアニストの個性の違いを感じ取れるのが面白い!


342D099C-9676-438B-BD0D-FFA3DB08C9BA.jpg8F7B137E-8E4A-47C7-9D0E-028E4795FC08.jpg


以下おまけ

とまあ、いいこと尽くめのこの日、ライヴの後に、私はお勘定忘れて店を出るという痛恨のミス!猛ダッシュでバックして皆さんの失笑を

アホやなあ。全くもう、幸せになり過ぎて失敗したのでした。


http://www.bornfree-kobe.com/

posted by ring-rie at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | live stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック