2014年09月30日

昆陽池フェスティバルにて、溺れたエビの検死報告書、9月28日

溺れたエビの検死報告書はエビの被り物を着用、元は関西限定でライヴ活動していたそうだが、フジロックにも出演してじわじわと知名度をあげてきたようだ。まずはどんな被り物かご覧いただきたい。夜はこのエビがイルミネーションで輝く。昼の姿は初めて見た。
36B26CFA-F359-41F2-856C-157565A162EA.jpg

最初に聞きに行ったのは中津のライヴハウスだった。ドラびでおがトリを務める3バンド出演の催しで、東京のSさんがぜひ行きたいということで一緒に出かけた。ジャズロック、ファンク系でフランク・ザッパや渋さ知らズなどが好きな人にお勧めかも。基本的にキャッチーな音楽ではない。ビジュアル面で度肝を抜かれるが、音楽に向かう姿勢は至って真面目である。メンバーは7〜8人。彼らのフェイスブックページにはこの日の出演者とセットリストが上がっていた。

DFB7650E-7896-4F9A-ABC4-9CD764FDBEA1.jpg

写真は伊丹市の昆陽公園での、昆陽池フェスティバルーGreen Jamで撮影した。ステージ前には子連れが多く、子どもたちはエビたちに見入っていた。エビせんべいをステージから撒くときは楽しそうだった。

8509C5BD-75A5-401B-A56C-568D55AD2B34.jpg

溺れたエビのリーダーらしい縦エレキベース担当の彼は、この日はもっぱらダンサーとして活躍していた。
きみどり色のビブラホンかマリンバのような楽器はセッティングにかなり苦労していたようだ。途中から左側の音が出なくなったのか、スタッフが調整していた。しかしおそらくだれもそんなことは気にしていない。
F6516291-A59C-408D-9513-FB2DA7D597E2.jpg

演奏前のセッティングの様子。西日が当たってまぶしかった。

7E13A0B2-29FC-4ABA-B361-9966DF36B074.jpg

溺れたエビの始まる前、メインステージ横の小さなステージで演奏するバーカーズ。ブルースバンドだった。デイドリーム・ビリーバー、コーヒールンバなどのカバー曲や、酔っ払い、老眼鏡などのリアルな体験談交えたオリジナル・ブルースを披露した。後ろに見えるのが昆陽池。

溺れたエビの他の写真を載せておきます。

DF4941DF-930A-47F9-8F95-16B62E76BAB1.jpg

4C631A0F-3410-40FA-ACA7-688F6922119A.jpg


E05388DE-3C08-4D53-A34D-057DEEC6C025.jpg

posted by ring-rie at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | live stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406273562
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック