2012年10月24日

フジロック3日目 とりあえずヒカシュー

フジロック3日目のヒカシューの記事書かないといけないのですが、本日は整理中の写真をアップしておきます。
2013年フジロック3日目オレンジコートにて、巻上公一氏率いる(?)ヒカシュー+放射能+ゴジラのステージ。ヒカシューのメンバーの他に、渋さ知らズオーケストラのホーンセクションが前列に、不破大輔がステージ奥にいて、キノコホテルのマリアンヌ東雲が歌い、チャランポランタンが可愛い双子を演じるというゴージャスでマニアックなステージでした。
hikashu1-2013.JPG


IMG_1559.JPG






メンバーは巻上公一、不破大輔、ツイッターでフォローしている吉田隆一氏以外は分からないので、ヒカシューのブログから転載です:
ヒカシュー(巻上公一、三田超人、坂出雅海、清水一登、佐藤正治)
井上誠、不破大輔、芳垣安洋、辰巳光英、吉田隆一、中根信博、チャランポランタン
マリアンヌ東雲

双子の二人の写真はチャラン・ポ・ランのももちゃんのブログがおすすめ。
アトミックカフェのほうでのライヴの様子がよく分かります。
http://ameblo.jp/charan-po-rantan/entry-11317603881.html

ユーモアも遊びも盛り込みながら放射能汚染問題を真正面から取り上げる巻上公一のプロデュース力に脱帽でした。ヒカシューの大ヒット曲(?)「パイク」をはじめ名曲ゴジラ、モスラのテーマを聴けたし、とても満足でした。特にクラフトワークの「radioactivity」を厳かに歌う表情から彼の願いが伝わって来ました。
2011年の冬の公演の動画を紹介しておきます。
やや音が大きいですが…ゴジラのテーマからモスラの歌〜再びゴジラへ。素晴らしいです♪

http://www.youtube.com/watch?v=TU2bF-THoCo&feature=player_embedded
posted by ring-rie at 13:32| Comment(4) | TrackBack(0) | live stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒカシューは世代的に効いたことがないんですよ。生きてるうちにフジロック一度は行きたいな。来年は、無理かな。
Posted by taka at 2012年10月24日 14:31
takaさんこんにちは。
ヒカシュー、私見ですが、昭和歌謡と80年代英国ロック+ポップがいい感じに融合してるところが好きです。巻上公一の一人芸みたいなのも面白いし、彼の人脈も面白そうです。

フジロック、私もこの歳で出かけていますんで、そんなに敷居は高くないはずですよ。山歩き苦手な人もけっこう来てると思います。私はすっかりあの環境が気に入ってしまいました。
Posted by ring-rie at 2012年10月26日 16:25
ヒカシューは横浜ジャズプロムナードの常連です。巻上公一もDolphyにはよく出演していました。ただ、私は巻上さんもヒカシューもライブに行った事はありません。
どうも、私の感性には合わない気がして。
Posted by Shida at 2012年11月12日 07:39
shidaさん、こんにちは。
ヒカシュー、初めて聴いて、巻上公一の曲「パイク」がこんなにジャズ3管演奏に向いてるのかとびっくりしました…最初のステージでなく、昼から見たステージでの音合わせで聴いた感想です。そのことは続きで書くつもりだったので、また詳しく書きます。
私も巻上公一ファンというほどではないのですが、昔から気になる人です。彼の共演者が自分の好きなミュージシャンということも多いですね。

Shidaさんのブログ、横濱ジャズプロムナードのレポート、読みました。現在一緒に行く友人がいないので、ついつい足を運ばずに済ませていますが、また行ってみたいです。
Posted by ring-rie at 2012年11月13日 13:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298813300
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック