2012年04月27日

イエスのライヴに行ってきた! (尼崎アルカイックホール)

4月21日、尼崎アルカイックホール、5時15分ぐらいに着きました。
行ってみると、グッズ売り場にすでにファンが詰めかけていました。そして入場整理されて長い列ができていました。
今回のポスターのYESのロゴ(新しいアルバムと同じですね)が鮮やかなTシャツをやや遠くから眺めていましたが、私の着れそうなサイズはなさそうなので、客席に向かいました。
イエスのライヴの前にパット・メセニーの曲が流れていたのはなぜなんでしょうね? パット・メセニーがイエスのファンだから? まあ、明らかにファンでしょうが、ずっと彼の曲がかかっているのはちょっと不思議でした。

ブザーが鳴ると、待ちかねたファンがゆっくり拍手を始めました。期待感高まりますね!
そして5人の登場。新しいヴォーカルはどんな人だろうと思ったら、他の4人との年齢差が歴然としていて、「うわ、若い!」とつい声が漏れました。相対的な若さではありますが、彼がいるだけでステージが活気づくようでした。そして演奏が始まり、歌が始まると、驚きと納得が同時に起きました。例によってジョン・アンダーソン風ではありますが、フェイクではなく、イエスの作風のエッセンスを体得したような歌い方だと思いました…といっても、イエスの各アルバムを長く聴いているわけではないので、自信満々で言うことはできないのですが。でも違和感なく受け入れられたし、それ以上に彼の歌声を楽しむことができました。名前もジョン・デイヴィソンとjonの綴りまで同じです。

楽しみにしていたクリスのベースに私はほぼ満足でした。スティーヴのギターは時々音がはっきりしなかったりすることはありましたが、メロディアスで美しい響きを楽しみました。
キーボードのジェフ、ドラムのアラン・ホワイトについてもほぼ満足ですが、曲によってテンポが適切にキープできてないのが気になりました。(ドラムが遅れているのか、よく分かりませんが)とはいえ、ハードルの高い楽曲をこなしているのだと実感しました。30年前と比べてどうなのかはわかりませんが、楽曲の素晴らしさを堪能できたので、自分には忘れられないライヴになるでしょう。
その後イエスのファンの声をあれこれ聞くと、一部にジョン・アンダーソン以外のヴォーカリストを全く認めようとしない人がいたり、ファンの思い入れの深さという点ではどんなバンドにも負けないようだと感じました。そんな中、下記のリンクのブログの筆者の意見に共感を覚えました。
写真もいろいろありました↓ 適度に専門的で有難かったです。

http://blog.goo.ne.jp/boh71/e/fec8f34b3c989b72d9266dc7168dd89f

イエスの曲って一度聴き始めると麻薬のようにどっぷり浸かりたくなります。30年間色褪せないというのは凄いです。
さて、長年のプログレファンであるPTRさんのライヴレポートはこちら。他にもイエスの関連記事多数ありました。↓
http://plaza.rakuten.co.jp/systemsofsilence/diary/201204190000/

ファンの意見はいろいろでしょうが、私としてはさらにいろんな試みをしてほしいと願っています。
再来日待っています♪
ラベル:Yes
posted by ring-rie at 03:41| Comment(4) | TrackBack(0) | live stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも〜。

イエス、良かったですよね。
ヴォーカルはちゃんと声が似てたし、クリス・スクワイアももちろん最高でした。
私の中ではまだイエス来日の余韻が残っていて、昨日はジョン・アンダーソン抜きの最新ライヴ3枚組(CD2枚+DVD1枚)を買ってしまいました。

リンク、ありがとうございます!
Posted by PTR at 2012年04月29日 05:18
PTRさん、コメント残さずリンクだけ貼ってしまいました。遅まきながらお邪魔しに行きますね。

やっと念願のイエスのライヴに行けました。前評判でいろいろ聞いて迷いましたが、あまり情報のなかったJon Davisonには大満足でしたし、繰り出す名曲にうっとりしました。しばらくRoundaboutの中毒状態になりました(笑)
最新ライヴ3枚組は魅力的ですねえ〜
Posted by ring-rie at 2012年04月29日 22:37
アラン・ホワイトはジョン・レノンの頃からすでにモッタらしたドラムでしたねえええw
Posted by やしんた at 2012年05月22日 18:41
やしんたさん、おはようございます。
「モッタらした」に苦笑いですw
私はつい年齢のせいかと思ってしまいましたが、元々そういう叩き方する人だという意識なくて…
私見ですが、歌が重要なわりに楽器担当は歌伴風に合わせていかないんですよ、このバンド。前のボーカルのライヴ映像見てもチグハグな印象ありました。とか言いながら名曲の再現はやはり楽しいので、ハラハラしながらも堪能いたしました。

Posted by ring-rie at 2012年05月25日 08:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック