2011年12月07日

古い手紙と一緒に出てきた落書き-Brian Eno/Before And After Science

世の中、断捨離というのが流行っていて、モノを捨ててすっきりしたいという人も多いようですが、自分は至ってそういうのが苦手な方です。
しかし、昔の友人からもらった手紙など、大事にしまってから20年ぐらい経ってるものは処分しようかと、埃だらけの箱を押し入れから出して整理していました。

すると出てきたのが、ブライアン・イーノの顔かモアイ像か分からん落書き。
そしてその変形パターン。
以下の絵は、その落書きをスキャナー読み込みして、はみ出た線やシミを修正したものです。
左のロゴも書き加えました。


eno21.jpg



















自分は元の写真である、ブライアン・イーノのアルバム、before and after scienceは持っていなくて、雑誌の写真をもとに書いたのだと思うのですが、覚えていません。
この落書きを見て、久々にイーノのアルバム聴きたくなりました。

1980年前後は、ブライアン・イーノは音楽業界のキーワードみたいになっていて、アンビエントというそれまでにない音楽ジャンルもこの人が中心になって確立されていったようです。
その後の作品に比べると「before and after science」では、まだまだ「演奏」という感じが残っています。

Brian Eno - Energy Fools The Magician



ご存知とは思いますが、曲によってはリラックスして聴けるものもあります。そういう音楽需要に合わせて作った曲(Music For Airports)もあれば、リラックスと全く関係ないものもあります。The Lost Dayなどの曲はけっこう重苦しいです。
久々に聴くと、以前よりこういう音楽が楽しめるようになっているのに気づきました。
動画とセットで聴くのもいいですが、奇妙なジャケット写真見ながら聴くのも悪くないようです。

Brian Eno - 1-2 - Ambient 1 - Music For Airports - 1978


Brian Eno - 2-1 - Ambient 1 Music For Airports - 1978
http://www.youtube.com/watch?v=RpsDY6gaAJs&feature=related

Brian Eno - The Lost Day
posted by ring-rie at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(らくがき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。

私にとってEnoって、本人自体がAmbientみたいに思えたりします。
あの頃のRock界では、最重要人物の一人だと思うのですが、あまり評価されていないように感じます。
私の中ではRy Cooderとカブったりします。飄々としていると言うのか、最前線で戦おうとしないと言うのか(笑)。


来年がより良い年であることを祈らせていただきます。
今年はお相手ありがとうございました。
Posted by falso at 2011年12月31日 16:55
falsoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ほぼ同感ですね。

本人自体がAmbientみたいと言われたら、確かに、ぼわ〜っとした作風が彼の人物像に重なるな、と思えてきました。

>あの頃のRock界では、最重要人物の一人だと思うのですが、あまり評価されていないように感じます。

絶対に最重要の一人だったと思いますね。80年代のポップスの多くは懐メロとして楽しめるけど、イーノの音楽は懐メロというより現在形で楽しめますから。そして当時面白そうな音楽に出会うたびに、Enoがプロデュースしているとか、彼が何らかの形で関わるとか、ということが多かったです。
確かに彼は、野心に燃えるタイプでもなく、自分の好きな音楽を楽しんで応援しているように思えました。
Ry Cooderと比べたことはなかったです。そう言えば似たところありますよね。

ミュージシャンから面白い結果を引き出す触媒みたいな人ですね。もちろん本人も面白いけど。デイヴィッド・バーンもイーノにお世話になった人なんだろうと思っています。

falsoさんにはいつもお世話になってばかりです。
本年もよろしくお願いいたします。


Posted by ring-rie at 2012年01月02日 02:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239232846
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック