2011年09月07日

フジロック2011・初日前半に聴いたバンド 続き + シャーベッツ(浅井健一)

2011年夏のフジロック1日目のレポートの続きです。
写真など。

毛皮のマリーズ、解散するらしいですね。
フジロックでのステージが面白かったし、女性ベーシストはカッコよかったし、もう少し長くやってほしかった気がしています。

kegawano-maries2.JPG












所詮モニターの写真なので、アップしてもよいのではと勝手に思っています。
厳密にはダメでしょうが…


IMG_0674.JPG










The Middle East のほうはモニター写真ではありませんが、何となく怒られずに済むような気がしています。(甘いかな)
メンバーの名前が未だに覚えられないでいます。とりあえず、ステージの雰囲気だけでも伝えたいのでアップします。

IMG_0681-2.JPG












IMG_0690-2.JPG











写真が多い割にメンバーの情報が何一つないというのはあんまりかも…
しかし自分もフジロックのバンド紹介やCDのライナーしか読んでいません。
日本語の詳細情報が見つかれば後でリンクしておきます。

残るミドルイーストの写真は「続きを読む」に入れておきます。キーボードの女性が素敵です。

ソウルフラワーユニオンとシャーベッツは目の前で見たので写真はありません。

シャーベッツは、ブランキー・ジェット・シティーのファンなので、ベンジー狙いで聴きに行きました。相変わらず彼はカッコよかったですが、演奏内容としては去年レッドマーキーで見たポンティアックスのほうが個人的に好きです。
でも、自分が持っているファーストアルバムの曲もやってくれたし、熱心なファンの表情もよかったし、いい雰囲気のなかで彼の歌を聴けました。キーボードの女性の声も素晴らしかったです。歌詞の隅々までゆっくり聴ける歌が多かったです。

自分は出遅れてブランキー・ジェット・シティーを聴いたので、未だにベンジーという呼び名がしっくり来ません。浅井健一という名前のほうが馴染みます。
シャーベッツのファンというほどこのバンドを聴いてはないし、彼の歌詞が一番好きなのはBJCの初期あたりです。
それでも、歌とギターの一体感が素晴らしいミュージシャンで、常に自分の現在形のスタイルを提示しようとする姿が好きだから、フジロックで彼のステージは見逃せません。

The Middle East

IMG_0682-2.JPG










IMG_0689-2.JPG
posted by ring-rie at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | live stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック