2011年03月28日

Mal Waldron "The Call" マル・ウォルドロンのエレピ

東北と関東の震災が3月11日に起きて以来、何をするでもなく不安ばかり募る日々です。
テレビを見て自分が胸を痛めても、それで何かが変るわけではないという無力感。いくらかの募金をしたところで根本的な問題が解決するわけでもないでしょう。しかし、無駄に落ち込む自分に何らかの歯止めをかけないとどうにもなりません。

4月からも語学学校に通うべきか悩みましたが、お金はかかるけど続けることにしました。今度こそマシな結果を出したいと思いながら何年続けているか分からないんですけどね。そこで得た知識をどう生かすかも見えてこないけど、続けられるうちは続けようと思っています。

さて、mixiのつぶやきに書いたのと同じですが、数日前にジャズCDを売るとても小さな、でもとっても充実したお店「ミムラ」に行ってきました。ここで見つけたMal Waldronのヨーロッパ録音のCDを買いました。1971年作品です。

malwoldronthecall.jpg












若杉実さんという人がライナー・ノートを書いていて、分かりやすく的を得た解説(私の印象ではありますが)が有難かったです。
私は全く知りませんでしたが、マル・ウォルドロンはドイツのプログレ系”エンブリオ”に参加したことがあったそうです。(このアルバムに参加しているオルガンのジミー・ジャクソンも在籍していたとのこと)そのあたりの知識はないのですが、聴き始めて数秒後には、このアルバムはジャズというよりジャズロック、プログレのアルバムだと思ったので、ライナーノートの説明には「なるほど」と頷かずにはいられませんでした。

ツイッターでフォローしている井上和洋さんも紹介されています。
http://kz16-i.mo-blog.jp/infinite_sounds/2009/03/mal_waldron_the.html

オルガニストに詳しくないので、オルガンの音でまず思い出したのはドアーズのレイ・マンザレクでした。よく知らない者の意見ではありますが、ドアーズ曲の「The End」がまるでメディテーションのための音楽のようであるように、このアルバムはリスナーを生々しすぎる現実からいったん解き放してくれる気がしました。

マル・ウォルドロンの演奏はよくモールス信号みたいだという言われます。面白いし、うまい表現かもしれませんが、デリカシーは飛んでしまうことは忘れてほしくありません。
彼の代表作は「レフト・アローン」だ言われます。ジャズ名盤解説本にはマストアルバムのように書かれていますが、これでは彼の活動全体が見えなくなる気がします。リーダー作ではないけどドルフィー、ブッカー・リトルのアルバム("Live At The Five Spot"の数枚)での演奏は、とてつもなくカッコいいです。ピアニストの評価はリーダー作だけでするものではないと思います。

ヨーロッパでの彼の活動については詳しくありませんが、彼のenjaレーベルでのアルバムのCDを最近ネットで見つけたので注文しようと思っています。ずっとCDが手に入らなかったので諦めてました。スティーヴ・レイシー参加で、全体に聴きやすくはないけど、いかにもenjaらしい気概が感じられました。
http://7beatrecords.com/SHOP/LPJ0315.html
http://www.amazon.com/One-Upmanship-Mal-Waldron/dp/B00000JIKQ
ラベル:Mal Waldron
posted by ring-rie at 13:49| Comment(2) | TrackBack(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マル・ウォルドロンがそんな活動をしていたとは全然知りませんでした。
ジャケットも惹かれるものがありますね。
Posted by くうたれ at 2011年03月31日 03:49
くうたれさんこんばんは。
私も聴いてみるまで全く知らなくて、自分の知っているマルのアルバムからかけ離れた音楽でびっくりしました。
これに近い音源がアップされているサイトはないか探したのですが、あいにくありませんでした。

このアルバムが出たJAPOというレーベルはECMが通販用に立ち上げたレーベルとか。そしてこのアルバムが記念すべきJAPOの第一作だそうです。↓参考までに、何か検索すれば必ずヒットするデータベース工藤さんのサイト。http://homepage3.nifty.com/kudojazz/japo.htm

ECMと関係あるレーベルだと聞くと、このジャケットデザインも、あ、なるほど〜と思いました。素敵ですね。
Posted by ring-rie at 2011年04月01日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック