2010年09月12日

自分は行き詰っているけど、家庭はわりとうまく行ってる?

浅川マキがロッド・スチュワートの「ガソリン・アレイ」をカバーして、訳詩というより自分の好きなようにつけた詩で歌っていました。(前にもこのブログで書いたけど)
その最初の部分が、

「何もかもがうまく行かなくて、毎日毎日が♪」

でした。
この半年、これが自分のテーマソングでしたし、今も同じ状態です。
フジロックにも行ったし、ツイッターでいろんな情報をもらうようになりました。数十年を経て同じ話題を共有することもあり、興奮気味になることも。その点はすごく充実しているかもしれません。

しかし、正直言って、自分の毎日はボロボロな状態です。まあ、若くはないのだから、自分のダメさをうまく受け入れなくてはならない。それは分かっているんですけどね。
一番ショックだったのは、長年続けている語学学校で、全然結果が出せなかったこと。
この半年は、2年前のようなマンションの理事会の雑用もなく、子どもらの受験も終わっていますし、親の世話もそれほどしていません。なのに、スケジュール管理全くできず、準備もできず、課題への取り組みも中途半端。勉強をするためにパートの仕事を減らしているのに、全くその意味がなくなっています。

そんな中、息子が結婚することになり、来週が結婚式&披露宴なんです。息子夫婦の新居は関東ですが、式と披露宴は大阪のホテル。私は周囲にとやかく言われて、留袖着ることになりました。結婚式の準備は私はほとんどノータッチですが、自分や家族の着るものの準備に追われています。自分は着物の知識がゼロなので、実家から延々電話がかかってきて、あれは買ったか、準備はできたかと言われ、この暑い夏にその話ばかりされました。一方自分は、フジロックには行ったし、語学学校の課題は進まないし、暑いし・・・で、全然身が入ってなかったのです。そして今やっといろいろ動き出してます(遅い〜!)

自分は昔から式と名のつくものは苦手。それに留袖なんて・・・と暗い気分でしたが、今はそれを楽しもうと思っています。母親が黒留袖着ることで、それなりに取り組む姿勢を周囲に感じてもらえるのでしょう(苦笑)前にも書いたけど、こういうときにはフツーのお母さんらしく見えてほしいものです。

とまあ、自分は目標を何一つ達成できない中、子どもらは着々と次の段階に進んでいるのでした。自分もそろそろ、諦めが肝心、という時期に来ていますが、あがけるだけあがくのも正解かもしれないし、悩むところです。

最後、今日ツイッターのアイコンに数時間使ってみた「ブライアン・フェリーの肖像」を貼っておきます。うまく描けませんでしたが。
フジロックで見た彼は、ファンに明るく声をかける歌手でしたが、自分の中のフェリーさんは、闇夜にブツブツ語りかけるイメージなんです。フジのステージではそういう歌も歌ったけど、あんまり会場に似合ってなかった。それでも、数十メートル先にブライアン・フェリーがいる体験は最高でした。

ferry55.jpg





posted by ring-rie at 02:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
息子さん、おめでとうございます。ring-rieさんの黒留袖、カッコいいだろうなあ〜。
その日が来たら、私も、「花嫁の母」の顔ができるのか。まったく自信がありません。その前に娘が嫁にいける気がしません。

なんかいまグダグダで、こういうグダグダな状態でブログを続けるのが怖くなって、辞めてしまいました。逃げました。
でもring-rieさんのグダグダは、カラッとしているので読んでいて楽しいです。勝手な言い分ですみません。

体調がいまひとつなことも理由だと思うので、そのへんをクリアしたらまた何か始めたくなるかもと思っています。その節はお見捨てなきようおすがりいたします...

フェリーの絵いいですね。もう30年もファンをやっている某友人に見せたいです。そのぐらい素敵♪
Posted by ショコポチ at 2010年09月14日 02:21
おお、ショコポチさんだ!!
メールしようかと思っていたんですよ。自分のほうがダメダメ状態なのに、何を言えばいいのか分かりませんでしたが…で、例によってグズグズしておりました。コメントもらえて嬉しい〜

>その日が来たら、私も、「花嫁の母」の顔ができるのか。
私こそ全く似合っていませんが、花婿の母というポジションで一日過ごすことになっています。不安一杯ですが、覚悟はできました(笑)
なるべく突出感ないように振舞いたいですが、この声と喋り方は、どうもならん〜!
ですので寡黙かつ暗くならないよう(私と違うやんそれ)頑張る予定。
息子は結婚しますが、娘のほうは先々パラサイト生活送る気満々のようですよ。たぶん今はこのタイプのワカモノが主流なのでしょう。

ショコポチさんのブログ休止は残念ですが、充電期間と思って、再開を待ちたいです。自分はだらだらやっておりますが、そういう期間があったほうがいいのかも。やめる決意つかないタイプなんですよ。

体調が思わしくないしんどさ、よ〜く分かります。無理はしないのがポッキリ折れない予防ですよね。
なかなかいい言葉が出てきませんが、またそのうち、ショコポチさんのブログで素敵な言葉をたくさん読みたいです。気長に待っています。

フェリー、作成途中のヘンな顔もたくさんできました(笑)
気に入ってもらえて嬉しいです。フェリーのお肌と輪郭がうまく作れなかったので、ショコポチさんのお友だちには失礼かも(汗)

フェリーって、マンガの「らんま2分の1」の久能帯刀みたいだと思っていたけど、案外ビジネス感覚のある人に思えてきました。フジロック後、彼の印象が少し変わりました。



Posted by ring-rie at 2010年09月15日 01:19
ロッドスチュワートは声が嫌いであまり聞いたことがなかったなー。
ルックスは物凄い好きだし、髪型なんかも物凄くかっこいいんだけれど(笑)
私はまだまだ若いから、こういう文章に対してあれこれ思ったことを書くのは失礼だと思うんですけどね。
母親っていうのは大変ですよね。
家を常に支えてらっしゃるわけだからね〜。
旦那さんに子供と。
旦那さんは仕事場に行ってしまえば、帰ってくる「家」がありますけれど、
母は立場上「家」は帰ってくる場所じゃなく仕事場ですものね。
それに、ring-rieさんがどういった性質の方はかは全然知らないですけれど、弱みというのは中々晒せないですからね。
それが子の親であれば余計そうでしょうし。
母子家庭なので、全て子供のトラブルとかも子の反抗期とかも母に行くようになっていて、今は申し訳ないなーとようやく少し思うようになりましたね。
(そう思いながらも思春期と反抗期とを永遠に卒業することは無さそうなんだけれど。)

時間がありすぎると、時間があるということに甘えてしまいますね。
私は語学学校とはまたちょっと違う学校に行ってるんですけれど、時間的に余裕がなかった頃の方が必死でしたし上達しましたからね。
それにやっぱり無理しているときって無理してるだけの体力がついてますから。
時間がありすぎると贅肉だらけになっちゃって、動いてる時、何かをしてる時以上につかれてしまいます。
Posted by Stavrogin&Svidrigailov at 2010年09月22日 15:35
Stavrogin&Svidrigailovさん、こんばんは。
ロッドが大好きというわけではなかったですが、ロックを聴いていた頃、いつも輝いている人でした。でも、ガソリンアレイを歌っている頃は、まだスターという感じではなかったです。
確かに声にクセがあります。ヴォーカリストの好き嫌いは理屈じゃないですよね。
ロッドというより、浅川マキの歌うこの歌が、自分は中学生のときから好きだったんですよ。

家庭を支えているってほどの存在だったかどうかは分かりませんが、バブル期前後のサラリーマンはたいていみんな毎晩残業でしたから、子育ては自分がやらざるを得ませんでした。精一杯というより、体力でカバーできる範囲は頑張ったというところでしょうね。見苦しい点も多かったんだろうと思いますが、気にする暇、ゆとりはなかったです。
自分もその頃は仕事していたんで、保育園にはお世話になりました。自分の親にも世話になりました。そうやって、みんなの力を借りて何とかなりました。昔からそうですが、今は特に、子どもとは本音丸出しで接しています。自分はそれしかできないんで。なので、弱いところ、ダメなところも丸見えでしょうね。少しは親らしくする努力もしなくてはいけませんね。
母子家庭のお母さんは気の張り方が違うと思います。それこそ、グチを言わないとか、ポリシー崩さない方が多いです。
いずれにせよ、たいていの母親にとって、子どもの話を聞いて、一言づずに反応するのが仕事だと思います。大変ですが、楽しくもありますよ。

>(そう思いながらも思春期と反抗期とを永遠に卒業することは無さそうなんだけれど。)
実は私も未だにそうなんですよ。この時期の感性はなるべく失いたくないです。

>時間がありすぎると、時間があるということに甘えてしまいます
その通りですね。いい緊張感があるほうが充実します。

>時間がありすぎると贅肉だらけになっちゃって、
そうなんです。分かっているけど、それが難しいところ。時間がなさ過ぎてもダメだから。

コメント、急いで書いたので、補足があったらまた書きます。
返事を書くことで、自分を振り返るチャンスをもらえた気がしています、ありがとう!
Posted by ring-rie at 2010年09月23日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162311283
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック