2009年05月28日

昨日のPeter Hamill solo live at Kyoto ( ライブスポット・ラグ)

さっきピータ・ハミルのライブから帰ってきました。
歌いっぱなしのライブでした。休憩なし、アンコール1回、その数分後、にこやかなサイン会♪ 
ニュー・アルバムを買って長い列に並びました。
ご本人の笑顔がしっかり自分に向いて、すっかりいい気分でした。なんてサービス度が高いのでしょう!!
彼の笑顔を目の前で見たら、会場から帰るときずっと顔がニンマリしたまま戻りませんでした〜(カッコ悪いなあ)その上、アンコールで聴いた曲など、かなり記憶が飛びました。いやそれは、たぶん自分の記憶力の問題なんですけど…

会場は満席ではなかったですが、でもお客さんのCD購入率はかなり高いです。やはり熱心なファンが多いようです。
彼の歌、明らかに歌詞が大事なのですが、ところどころしか分からず、まあ、雰囲気だけ楽しみました。とても歌詞を大事にする人だと思いました。
ほとんど休憩もなく、ひたすら歌い続けたライブでした。曲名はときどき言ってくれるのですが、私は全く覚えられません。
歌って、歌って、自分の世界をステージ上に構築し、さらに深く自分の歌に入り込む。そうしてぎりぎりまで自分を追い込んでいるようにも見えましたし、本当に歌うのが好きな人なのだとも感じました。
70年代初期の彼の作品を思い出すような曲もありました。そして新しいCDからも数曲。伴奏はピアノとギター。数曲ずつで楽器を変え、自分の持てるもの全てを聴かせようとするように歌い、彼の自分との勝負を見るようでもありました。

ただ、このライブはとにかく歌一辺倒だったので、もう少し歌詞について予備知識が必要だったように思いました。とはいうものの、誰にも初めてということはあるので、今回は仕方ないかも。
かなりの体力を使ったライブの後に、ファンとの交流にも熱心なPeter Hamillの姿は、あの笑顔とともに、しっかり記憶に残りそうです。
やはり、聴きに行ってよかったです。彼のソロ作品をよく知らないので、ちょっと不安でしたが、やはり歌はライブが一番です。
posted by ring-rie at 01:06| Comment(4) | TrackBack(1) | live stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライヴ、お疲れさまでした!
ハミルの歌いっぷりにしびれまくったでしょう。
あの調子だから歌詞が多少なりとも分かってた方がさらに感動するのは間違いないんですが、私も長年聴き続けているにもかかわらずほとんど把握できてません。
何しろ持ち歌が多過ぎて…。(汗)

ライヴの生歌に勝るものはないケド、よろしかったら個人的お薦めのソロアルバムを厳選して何枚かCD-Rに焼いて送りましょうか?
ぜひ聴いていただきたい名曲がいっぱいあるんで。
Posted by PTR at 2009年05月28日 06:07
お〜ハミル氏と握手しましたか。男前ですか?毛穴は開いてましたか?(関係ない)メアド聞かれましたか?(ないやろう)

1回くらい見てみたいな〜。僕はソロの方が好きで時々聴いてますよ。でも熱心なファンの方にはとても及びません。

(目・肩・腰に)ring-rieさんのブログは毎回読んでますよ。(咳・声・喉に)ring-rieさんには今後も頑張ってもらわないとね〜。(動悸・息切れ・めまいに)ring-rieさん応援してます。
Posted by sand at 2009年05月28日 12:28
PTRさん、こんばんは。
自分の想像では、もっとクールな感じで歌う感じを想像していました。自分はネットで見る動画しか見ていませんでした。確かに、図は同じなのですが、実際には彼の歌にかける思いが伝わってきますね。初めてのことで最初はやや呆気に取られてしまいました。思っていたより、ずっと熱いステージでした。
歌詞については、どういうものなのかいろいろ読んでみたくなりました。時間がかけられるか分からないですけど。

>何しろ持ち歌が多過ぎて…
そうなんですね。一度にメドレーのように歌うこともあり、確かにたくさんありそう。

>お薦めのソロアルバム
全くまだまだ未知の世界なんで(苦笑)またいろいろ教えてくださいませ〜
いつもありがとうございます。お世話になりっぱなしです(汗)

それでは、日曜のライブ、ぜひ楽しんでくださいね。
Posted by ring-rie at 2009年05月28日 23:38
sandさん、コメントありがとう。
最後のほうで、軽く眩暈がしそうでしたわ、いつも私の脳内ツボ刺激ありがとうございます。

>ハミル氏と握手しましたか
いえいえ、私、照れ症なので、そんなことは、とてもできませんでした。
隣に座ってサインもらえただけで、幸せですv

>男前ですか?
何やら誘導尋問ぽい訊き方ですね。
だって、男前でないはずないですよね、sandさんの狙いは何でしょう〜〜(やたら勘ぐる私)

実物、ぜひお見せしたいです。20代の面影がちゃんと残っています! そしてスリム!
しかしこれについて語りだすと、一体この人何しにライブ会場に行ったのよ、と思われるので、自粛しておきます。
そして、残りの質問については…いつか直接sandさんにお伝えしましょう〜今はろくなツッコミが思い浮かばないです、残念。

>でも熱心なファンの方にはとても及びません。
私はほぼ初心者なんで、またsandさんのおすすめも教えてください。

>(目・肩・腰に)
ありがとうございます。
肩の具合はだいぶよくなりました。

>(咳・声・喉に)
最近、かりん酒を作って、時々飲んでいます。気休めかもしれませんが、効いている気がします。

>(動悸・息切れ・めまいに)
バス停まで以前は猛ダッシュで行けたのに、体力低下で乗り遅れ続出です。
私の健康維持のためにも、sandさん、今後ともよろしくお願いします。
Posted by ring-rie at 2009年05月29日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120326645
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Peter Hammill (ピーター・ハミル) - 公演レヴュー
Excerpt: Peter Hammill (ピーター・ハミル) の公演レヴューを幾つかご紹介する。 京都公演 * SMALL TALK 2009/05/28 * Feeling of Floating ..
Weblog: タダならぬ音楽三昧
Tracked: 2009-06-03 22:56