2013年02月10日

Robert Glasper Experiment ビルボードライブ大阪 (2013年1月23日)

先月のライヴの感想です。
Robert Glasper Experiment、行く前の予想がきれいに外れました。一言で言えば、スリリングな演奏を堪能しました。CDや動画投稿サイトで聴いたものをはるかに超えて、痺れるようなひと時がありました。

image.jpg

ビルボードライブ大阪は満員御礼でした。早めに予約しなかったせいか、カジュアル席の中でも正面端の後列で、目の前通る人の動きが気になりましたが、音響面では満足できました。今回は
『ロバート・グラスパー・エクスペリメント・フィーチャリング・レイラ・ハサウェイ』
ということで、Lalah Hathawayが最初から出てくるのかと思ったら、後半からの登場でした。
きちんとセットリスト書くほど知識はないのですが、1曲目は「A Love Supreme」でした。
予備知識なかったので面喰いました。数日前にここのブログでCD『ブラック・レディオ』について長々文句をつけましたが、Robert Glasper Experiment についての予備知識はネット上の動画と『ブラック・レディオ』のCDだけでした。この曲をライヴで聴けると思っていなかったのです。
(↓ボートラと書いてありますが、ネット配信のみなんでしょうか? よく分かりません)
http://www.moovmnt.com/2012/02/25/robert-glasper-experiment-a-love-supreme-bonus-track/

曲紹介がないので、続きなのか別の曲なのかよく分からないのですが、とにかく緊張感溢れるフリージャズのような展開となり、その後、ケイシー・ベンジャミンのヴォコーダーによるソウル系の歌(「Ah Yeah」かも)でスタートしては、原曲とあまり関係ない方向に発展したヘビーな演奏が続き、またテーマに戻るのですが、呆気にとられて聴き入っていました。
そして流れるように始まったMark Colenburgのドラムソロは、精緻な音の積み重ねがじわじわ聴衆を引き寄せるモノローグのようなソロでした。その後ステージに一人残ったベーシストDerrick Hodgeがソロで演奏するという構成は素晴らしいのに、観客の一部が集中力失うようにざわめき、自分もそれに流されて集中できずに残念でした。(このタイミングでトイレ休憩に行く人らの気がしれんわ、と思いました…客の勝手ですから仕方ないですが、はっきり言って不愉快)
そしてLalah Hathaway登場。当然拍手で迎えるところなのですが、曲の切れ目がないままに次第にメンバーがステージに戻りはじめ、いつのまにか彼女も登場していたので、拍手のタイミングを逃してしまいました。CDに収録されているSadeのカバー曲"Cherish The Day"は低音部から始まり、知らないと一瞬男性かと思ってしまいます。もちろんそれは最初だけ。ライヴで聴く彼女の歌声は、平凡な言い方ですが、とにかく安定感がありました。感情移入しすぎることなく、それでいて力強く柔らかです。(←もっとましな表現ないのかと自分に苛々しています、すみません)ヴォコーダーから流れるケーシー・ベンジャミン(Casey Benjamin)と声とのデュエットでほろ酔い気分になりました。

カリンバのような音をグラスパーが弾きはじめ、何の曲だろうと思っていたら、"Smells like teen spirit"でした。この曲の動画は山ほどアップされていますが、このときのアレンジに近いのはこれ↓
http://www.youtube.com/watch?v=ZiExYhqaAto

なんかもう、感無量という自分が滅多に使わない言葉が浮かびました。こんな満足感って、なかなか味わえないです。
その後もう一曲あったのかどうか記憶が定かでないのですが、ファーストステージが終わりとなり、観客が必死で拍手してアンコールとなりました。曲は分かりませんが、とにかく演奏が始まりましたが、これはオマケという感じでした。でもまあ、長いステージではないのにこれほどの内容詰め込んでくれた出演者に、心から感謝したいと思いました。

今回、CDだけでライヴを予想することはできないと思いました。公式リミックスもあれこれ発売されてるようですが、自分としてはライヴDVDのほうが楽しめそうです。ライヴ音源はいろいろ無料配信されてるので、無理かもですけど。
とにかく、Robert Glasper Experimentがまた大阪に来てくれることを願っています。

ところで、ベースソロで観客がうるさいのはどこでも同じらしいですね。↓
http://www.youtube.com/watch?v=vHXckiSHzmI

ラベル:robert glasper
posted by ring-rie at 15:36| Comment(8) | TrackBack(0) | live stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする