2012年08月20日

フジロック(2012年) 二日目、土曜の後半 Ray Davies & Band, Caribou など(長いです)

やはり、二日目の前半書いてから間が空いてしまいました。以下、ライヴ感想以外も多くて恐縮です。

レイ・デイヴィスについて書くつもりだったのですが、のろのろしているうちにロンドン・オリンピックの閉会式に彼が登場してしまいました。開会式のときはちょうどフジロック出演だったので、もしかしたら閉会式に出るんじゃないかと予想していたのですが、本当にテレビで「ウォータールー・サンセット」("Waterloo Sunset")を歌う姿を見ることができました。音響のせいかもしれないけど、フジロック出演時のほうがよく声が出てたような気がします。「ウォータールー・サンセット」は開催地ロンドンにちなんだ選曲なのだろうけど、英国ロックの歴史を辿るのが今回の式典のテーマの一つなら、できれば”You Really Got Me”も歌ってほしかったです。

さてさて、フジロックでは2日目のグリーンステージに登場したレイ・デイヴィスを聴きました。この日あまり体調がよくなかったのでハートブレイクスを早めに切り上げ、グリーンステージのやや前方でレイ・デイヴィスを待っていました。最初はあまり混み合ってなかったステージ前には、キンクスの名曲に惹かれるように徐々に人が集まってきました。
大昔にビートルズ、ローリング・ストーンズ、フーなどのシングル曲はラジオでかかるのをよく聴きましたが、キンクスはほとんど聴いていません。正直言って自分はたいしたファンではないのです。ちゃんと歌声を記憶しているのは”Victoria”だけ。どう考えても当時キンクスは宣伝不足でした。あれほど名曲が多かったのですから、当時の洋楽批評家がもっと熱心にキンクスを紹介していれば状況は変わったかもですが…
でも、冷遇(?)されたバンドってキンクスだけではないかもしれません。自分が洋楽に興味を持ち始めた1969年頃、洋楽ファンはまだまだ少なく、FM局もなかったので、山ほどの英米のバンドをバランスよく紹介するのは無理だったと思います。しかし当時でも一部には熱心なキンクスファンが存在していたようです。彼ら(おそらく還暦ロッカーズ)はフジロックまで足を運んだのでしょうか? 私が見た限り、そういう古いファンはそれほど多くいませんでした。

しかし、レイ・デイヴィスはそうした古いファンに懐かしの音楽を届けることより、若い世代に自分の歌を聴いてほしいと考えていたようです。彼は曲の合間に自身について長々と語っていました。ある時期自分に(ミュージシャンとしての)価値がないように感じたけれど、自分の音楽を追うように聴き、演奏する若い世代がいると知って勇気づけられたようです。正確な訳ではありませんが、大体そんな意味のことを話していました。そんな言葉の後で ”You Really Got Me”を、しみじみとした気持ちを込めて歌えたのは、この日最大の収穫だったかもしれません。懐メロでなく、次世代とともにキンクスの曲を歌ってほしいというレイ・デイヴィスの願いと、この歌を待っていたファンたちの心が一致しての大合唱でした。
レイ・デイヴィスはやはり歳相応の姿にはなっていましたが、ギターを握った瞬間に表情が引き締まり、立ち姿がすごくカッコよくなるのです。バラードもいいけど、彼にはいつまでもロックンロールを歌ってもらいたいです。
IMG_1522 ray davis2.jpg















以下、セットリスト: 1.I Need You  2.I’m Not Like Everybody Else  3.This Is Where I Belong
4.Till The End Of The Day  5.Where Have All The Good Times Gone 6.Sunny Afternoon  7.Dead End Street 8.Waterloo Sunset  9.Come Dancing  10.Victoria  11.20th Century Man  12.Celluloid Heroes  13.You Really Got Me  14.All Day And All Of The Night

Ray Davies & Band の後は、本当は最初から聴きたかったElvin Bishopの会場へ向かいました。予想通りにいい感じの演奏が聴こえてきましたが、実質1曲しか聴けず、ホワイトステージに戻ると、Caribouの最後あたりでした。

Caribouが演奏していたのは浮遊感あるインストロ曲で、思わず引き込まれて聴き入りました。3年前のFoals(大まかに括れば、ですが)を思い出すような、適度にへヴィーで透明感あるサウンドが魅力的でした。しかしCaribouの演奏を後で探して聴いてみるとテクノ風のリズムを重視したものも多く、自分が聴いたような、楽器の響きが横へ遠くへと広がっていく作品ばかりではないようです。

Caribouのマイスペースの動画↓
http://www.myspace.com/cariboumanitoba/videos/video/21715603
(いいところで突然進まなくなるのがマイスペースの困ったところですが、この曲は最後まで聴けました)
スマッシュのページのCaribouの紹介↓
http://www.smash-jpn.com/band/2010/07_caribou/index.php
(フォーク・エレクトロニカって言葉が使われていてちょっと感心しました)

次のSAKANACTIONは予想通りの大混雑中、前から10列目ぐらいで聴きました。長くなりそうなのでいったん切り上げ、その後聴いた BUDDY GUY と一緒に紹介したいです。
ということで、この日はオアシスファンが酔いしれたノエル・ギャラガー・バンドは聴いておりません。バディー・ガイとどちらにするか迷っていたのですが、サカナクションの演奏後の大混雑でグリーン・ステージに戻るのに相当時間がかかりそうだったので、オレンジコートに向かいました。
(続きはそのうち書くつもりです)
ラベル:RAY DAVIES CARIBOU
posted by ring-rie at 11:18| Comment(6) | TrackBack(0) | live stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

フジロック(2012年) 二日目、土曜の前半(体調悪し)

とりあえず、この日に聴きに行ったもの。

SEUN KUTI & EGYPT 80 (1時間ぐらい)
ACIDMAN (全ステージだが、ステージの見えない場所で聴いた)
THE HEARTBREAKS (最初から3曲)
RAY DAVIES & BAND (全ステージ)
ELVIN BISHOP (最後の2曲)
CARIBOU    (最後の2曲)
SAKANACTION    (全ステージ)
BUDDY GUY      (数分遅れたが、全ステージ)

SEUN KUTI & EGYPT 80 
この日は昼から参加。グリーンステージの奥の斜面に横になって聴こうと思ったが、あまりの暑さにゴロゴロと横になる気も起こらず。また、斜面なので気を抜くと下に転がって行ってしまう。いい場所は全てシートと椅子が占領している。
さて、フェラ・クティに息子がいて音楽活動してるとは知らなかった。(このシェウン・クティの他にも異母兄がいるそうだ。)フジロック常連らしい。
メッセージ性の強い歌とそのバックのファンキーなサウンド、ダンサーの激しい動きが何とも夏フェス向きな感じ。広いグリーンステージを揺らすような大音量で2時間の長い演奏を聞かせていた。
あまりに大音量すぎるのと、じりじりと照りつける太陽のせいで、じっくり聴けなかったし、もう一つ入り込めなかった。あそこまでの音量は要らない気がする。でも、グリーンステージ後方のピクニック状態の人たちの声がうるさいので、それに負けない音が必要なのかもしれない。音量の選択は難しいのかも。
歌に関してはそれほど感銘を受けなかったが、ホーンセクションが充実していたので今後も注目しようと思う。

IMG_1515-1.jpg















IMG_1518-1.jpg
















<次のACIDMANとTHE HEARTBREAKSについては感想らしい感想は書けないのですが、一応状況説明>
ACIDMAN
スペースシャワーTVでよく見かけたバンド。音楽について熱く語ってる彼らは本当に真面目な感じがする。やはり、ちゃらんぽらんな印象は全くない。前のほうで聴いてもよかったけど、何だか元気が出なかったのでずっと座って聴いていた。演奏はよかったと思う。前の方にファンが押し寄せて行った。勿体ないことをしたとは思うのだけど、体力温存することにした。せっかく初めてライヴで聴くアシッドマンの演奏についてまともなことが書けないのは残念だ。

椅子に座っていたら横で中国語で話す人がいたので、中国から来られたのですかと訊いたら、香港ですと返事が返ってきた。女性の二人連れで、片方が次に出演するハートブレイクスのファンだという。自分も友達と聴きますと言ったらニコニコしていた。しかし自分の英会話力が衰えているのを実感した…全然うまく話せなかった。フジロックで外国の人と話したのは初めて。

THE HEARTBREAKS
メンバーが登場して、歌が始まると、これは女性人気高そうなバンドだと思った。さきほどの台湾の女の子の目が輝いていたのも納得がいく。取り立てて新しい感じはないのだけど、なかなかいい演奏だな…と思いながら、聴く気は満々だったのだけど、体調は戻らず、立っていられなくなって3曲目でリタイアとなった。一緒に聴いていたSさんに声をかけて、レッドマーキーを後にした。やはり炎天下でしばらく我慢したのがダメだったらしい。
しかし、後から聴いたSさんの話では、実は4曲目から演奏がぐっと良くなったのだという。全く勿体ない話である。わざわざ香港から聴きに来る人がいるぐらいなのだから、今後人気バンドとなるのかもしれない。

(現在ブログにYOUTUBEの貼り付けがうまくいかないのでアドレスだけ書きます)
"Save Our Souls" by The Heartbreaks
http://www.youtube.com/watch?v=ThLrp8dwVU8&feature=related

え〜、結局この日自分が本調子で音楽を楽しめるようになったのは、次の、レイ・デイヴィスからでした。
とりあえず、写真だけ貼って、続きはまたのちほど。

IMG_1533-small.jpg


















続きはレイ・デイヴィスからです。
ラベル:FUJIROCK
posted by ring-rie at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | live stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

フジロック2012年…27日の続き・写真(Jah Wobble & Keith Levene)など

結局1日目だけ書いて終わりそうで不安になりますが…
当日聴き逃したファクトリー・フロア、なかなかよかったらしいことが下記ブログを読んで分かり、悔しい思いをしています(笑)
http://youthofeuphoria.blog65.fc2.com/blog-entry-321.html
↑このブログを書いている人も、Jah Wobble & Keith Levene -Metal Box In Dub を聴きに行ってました。ゴシップも聴いているし、かなり似たバンドを選んでるのですが、前夜祭に参加してるし、私の聴いたプログラムの2倍は聴いてます。この日の後半、ホワイトステージでゴシップを聴き、オレンジコートで上原ひろみを聴いてからグリーンに移動してBeady Eyeを少し聴き、ストーンローゼズ聴いて、終わりごろジェームス・ブレークを聴きにホワイトに移動、その後ファクトリーフロア、ジェームス・ブレーク(DJ)って、どんだけ体力あるんでしょうね!! 羨ましい。ファクトリーフロアで寝てた私と大違いです。

さて下の写真は、コメント欄で反響(笑)があったJah Wobble & Keith Leveneのバンドです。
で、まだヴォーカルの名前は調べていません(汗)が、とりあえず写真アップです。もっと前で撮ればよかったmのですが、まあ、雰囲気だけでも楽しんでください。

IMG_1506.JPG



















IMG_1509.JPG













IMG_1510.JPG


















以上です♪

ラベル:Keith Levene FUJIROCK
posted by ring-rie at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | live stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする